各臓腑の働きと関連する症状【膀胱】

目安時間:約 5分
東洋医学の太極図

 

 

東洋医学、臓腑解説シリーズ。

 

今回は膀胱についてです。

 

よろしくお願いします!

 

 

膀胱は津液を蔵す

 

膀胱は表裏関係にある腎の管理の基に、尿を貯蔵しています。

 

そして、腎とともに

 

排尿量などの調整をします。

 

膀胱の働きは「津液を蔵す」こと。

 

津液とは体内にとって有益な水分の事で

 

陽気によって常に温められています。

 

陽気が衰え津液が冷えてしまうと

 

津液の循環が悪くなってしまいます。

 

 

膀胱に関係する症状

 

膀胱の機能が低下してしまうと

 

尿に関する症状が現れます。

 

排尿困難失禁遺尿頻尿などが膀胱に関する症状です。

 

排尿

 

遺尿とは、いわゆる「おねしょ」のことですね。

 

おねしょというと、子供にしか関係ないと思いがちですが

 

膀胱の衰えによって、成人にも十分に起こりえます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

膀胱と腎の関係

 

膀胱と腎は表裏関係にあります。

 

腎が陰で膀胱が陽に属します。

 

 

腎で作られた尿は膀胱に送られ

 

その尿を膀胱は一時貯蔵して体外に排泄します。

 

 

腎に関しては

 

こちらへ⇒【臓腑】腎の働きと関連症状

 

 

なじみの深い膀胱系

 

みなさんが臨床上で必ずと言っていいほど刺激を入れるポイント

 

脊柱起立筋下肢の正中線膀胱系のラインに属します。

 

それくらい、膀胱系の経穴は重要であると言えるんです。

 

特に肩甲間部~背部~腰部には

 

各経絡の重要な経穴が属しています。

 

兪穴

 

このラインに見られる筋緊張などにトラブルは

 

各臓器の状態を現わしている事が多いので

 

十分意識して触診していきましょう。

 

 

最後に

 

先ほどお話した膀胱系に属する重要な経穴は

 

兪穴(ゆけつ)と呼ばれるものです。

 

背部や腰部にある兪穴には

 

各臓腑の名前がついています。

 

肝兪脾兪大腸兪などがそれです。

 

 

ツボの位置や名前を、全て暗記する必要はありませんが

 

これらの兪穴に関しては、位置や名前を覚えておいた方が役に立ちます。

 

 

そんなに数も多くないので

 

意外とすんなり暗記できると思いますよ!

 

 

それでは今回は以上です!

 

どうもありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6