各臓腑の働きと関連する症状【腎】

目安時間:約 8分
東洋医学の太極図

 

いつも整体マッサージ師の独立応援サイトにご訪問いただき

 

本当にありがとうございます!

 

 

今回も東洋医学・臓腑働きと関連症状です!

 

今回お話する臓腑です。

 

最後までよろしくお願いします!

 

 

根気と忍耐は腎によるもの

 

が精神面に働きかける作用として

 

根気忍耐力を形成するというものがあります。

 

腎の調子が悪くなると

 

じっと耐えることができなくなったり

 

ひとつのことを継続するための根気がなくなってしまいます。

 

 

また

 

腎は原気(げんき)を作ります。

 

元気ではなく原気です。

 

原気とは、気の一種で

 

生命を維持するために作用する、とても重要な役割を持つものです。

 

腎の生命維持機能

 

 

腎の働き

 

現代医学での臓は

 

水分代謝に関与したり、血圧などに関係するホルモンを分泌したりといった働きがあります。

 

 

それに対して東洋医学での働きはどういうものか?

 

もちろん水分代謝という仕事もあるのですが

 

その他にも数多くの仕事を、腎は受け持っています。

 

 

ひとつは「精を蔵す」というもの。

 

精とは

 

成長・発育・生殖などの活動に必要とされるエネルギーです。

 

私たちは産まれてくる時に

 

両親から先天の精というものを授かります。

 

親からもらった生命エネルギーとでもいったとことでしょうか。

 

ただ、この先天の精は

 

1日1日を生きることで、少しずつ減っていきます。

 

減っていく先天の精を補うものを後天の精といい

 

食べ物や飲み物の栄養素をさします。

 

精を蔵すとは、この精を蓄えておく意味ですね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

その他の腎に関連する臓器

 

その他にも

 

中枢神経である脊髄

 

血液成分を作る骨髄を管理するのもの仕事。

 

 

また

 

二陰に連結するとされています。

 

二陰とは

 

外生殖器肛門という意味です。

 

の調子が、耳や肛門、外生殖器に現れるということなんですね。

 

 

奇恒の腑を蔵す

 

奇恒の腑

(きこうのふ)とは、すなわち

 

脳、髄、骨、脈、胆、女子胞の6つのこと。

 

これらは

 

形状は腑に似ているが、機能的には臓に近いという特殊なものなので

 

臓にも腑にも属さない奇恒の腑と呼ばれています。

 

この6つの機能を調整するのも腎の働きなんです。

 

 

ちなみに女子胞(じょしほう)とは、女性の生殖器系のことです。

 

 

肝の状態と関連する症状

 

これらの腎が持つ働きが衰えることで

 

以下のような症状が現れます。

 

 

精の衰えによる症状

 

  • 不妊症

 

  • 精液の減少

 

  • 遺精

 

  • 発育不良

 

 

*遺精・・・性行為や自慰行為と関係なく精液が漏れてしまうこと

 

 

不妊症

 

 

水分代謝に関する症状

 

  • 水腫

 

  • 浮腫

 

 

 

 

耳に関する症状

 

  • 耳鳴り

 

  • 耳が聞こえづらい

 

 

 

二陰に関する症状

 

  • 大便や小便に関する異常

 

  • ED(インポテンツ)

 

  • 早漏

 

 

インポテンツ

 

 

 

脳や骨髄に関する症状

 

  • 物忘れ

 

  • 動作が遅くなる

 

  • めまい

 

  • 歯が緩くなる

 

物忘れ

 

 

 

 

最後に

 

今回お話した働き以外に

 

には命門の火を保持するという働きがあります。

 

命門の火とは

 

読んで字のごとく、命を燃やし続ける火のようなもので

 

生命維持の基本となるものです。

 

 

今回、働きについて見ていきましたが

 

は人間の成長や発育、生殖や生命維持などの

 

非常に重要な役割を持っていることがお分りになりましたでしょうか?

 

 

と表裏関係にある膀胱については

 

こちらの記事で⇒【臓腑】膀胱の働きと関連する症状

 

 

 

 

今回も最後までありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6