どうしても相手を説得したいときは・・・

目安時間:約 4分
説得する男性

同じ内容の話なのに

 

ある人が話すと、とても心を動かされるけど
また別の人が話すと、どうも納得しない。

 

こういうことって、結構あるんです!

 

では、何が違うんでしょうか?
どうしたら、こちらの提案に納得してくれるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク



 

 

声のトーンで信頼度が上がる?

何か大切な事を人に伝える時
相手に重要な事を理解して欲しいと強く感じる時
ひとは無意識のうちに
高くうわずった声で、まくしたてるように話してしまいます。
しかし、これだと逆効果になってしまうんですね!

 

自分の話を何としてでも納得してもらいたい時こそ
落ち着いた低いトーンでゆっくりと話すことが効果的。

 

これは
20世紀後半のアメリカ大統領選挙の得票率と
候補者の声のトーンの因果関係を調べたデータで解かっているんです。

 

つまり
ゆっくりと低いトーンで演説する候補者の方が
得票率が高いという結果が出た。

 

もちろん、演説の内容自体も影響していることは間違いありませんが
データとしてこのような結果がある事は見逃せません。

 

 

ささやき声には親しみを感じる

そして、さらに心理学では
人はささやくような声で話されると
相手に親近感をおぼえる
というようなことも解かっているそうです!

 

こう考えると
声の素敵な方って、すごくうらやましいですね!

 

でも、このような事を意識して演出するだけでも
効果はあると思いますよ!

 

特に女性は、話の内容よりも
話し方や声の雰囲気に脳が反応しますからね!

 

 

こちらの言い分を理解してもらうには?

 

 

そういう訳で
ビジネスの場でもプライベートでも
相手をなんとか説得したいという時には

 

・ゆっくりと話す

 

・低いトーンで話す

 

・ささやくように話す

 

これらのことを意識して
ちょっとだけ自分を演出してみてください!

 

特に男性は
理論・理屈で相手をねじ伏せようとしてしまいがちなので
重要な話を切り出すときは
まずは深呼吸をしてから
なるべく紳士的に話をしてみるといいでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6