次回予約は、あくまでも「提案」です!

目安時間:約 9分
提案する

 

 

前回の記事では

 

患者さんの金銭的な事情が気になって、次回予約をアナウンスできないという考え方が

 

実はとても失礼で、単なる大きなお世話だということに気づいていただけたと思います。

 

 

今回は

 

患者さんの症状が比較的重くて

 

今の自分の技術では今後も改善できる自信がない。

 

だから次回予約はとりづらい・・・。

 

という先生のために

 

マインドを変えて頂けるヒントをお伝えしようと思います!

 

それでは!

 

よろしくお願いします!

 

 

「少し楽になりました」の本意は?

 

たくさんある整体マッサージ院の中から

 

せっかく先生の院を選んで来てくれた患者さんの

 

施術後の反応がイマイチだった時って

 

やっぱりいろいろ考えてしまいますよね・・・?

 

「少し楽になりました」とは言ってくれているけど

 

どこか表情が曇っていたりすると

 

自分の未熟さを痛感してしまったり。

 

 

ちなみに

 

患者さんがよく言う「少し楽になりました」って

 

あまり変わってません」っていう意味ですからね・・・

 

 

そんな風に、患者さんの反応がイマイチな時って

 

次回予約のアナウンスって、いつも以上に話しづらくありません?

 

 

ピンチはチャンス!

 

成長のチャンス

 

施術後の患者さんの浮かない表情を見た先生の心の動きって

 

どのような感じになっているんでしょう?

 

「通ってもらっても、自分の技術で改善するかどうか・・・?」

 

「もっと立派な先生に見てもらった方が患者さんのためかも・・・」

 

このような思いが、先生の心の中に浮かんできているのかもしれません。

 

 

確かに

 

なかなか改善に向かわない患者さんを

 

定期的に施術し続けるのって、心苦しい部分もありますよね?

 

でも、このようなケースって

 

成長のチャンスだと思いませんか?

 

 

スポンサーリンク



 

 

さらに深く学ぶチャンス

 

1回の施術で全く症状の改善が見られなければ

 

次回の来院までに、さらに勉強しておけばいいんです!

 

つまり

 

目の前の患者さんが

 

先生が更なる成長を遂げるための機会をくれたと、そう考えればいいんです!

 

2回目の施術日までに

 

解剖学、生理学、運動学、東洋医学と

 

あらゆる側面から深く掘り下げていって

 

再びチャレンジする!

 

そして2回目がダメなら3回目と

 

そうやって作業を繰り返すことが学びであり成長なんです!

 

 

仮説と検証の繰り返しが、私たちの仕事です。

 

私たちの仕事って

 

エビデンス(科学的根拠)がほとんどないですよね?

 

だから、まず仮説を立てる。

 

そして実際に検証してみて

 

ダメならまた、改善させるなり新たな仮説に基づいて実践する。

 

私たちの仕事って

 

このような「トライ&エラー」の繰り返しなんです。

 

そして、この繰り返しだけが
先生を成長へと導く唯一の方法です!

 

 

大変な作業だと思いますか?

 

でも、自分が立てた仮説が

 

患者さんにビシッと決まった時の興奮って

 

すさまじいものがありますよ!?

 

仮説から検証する

 

 

あくまでも提案するのみ

 

先生の施術家としての価値は

 

決して誰かと比べたその延長にあるわけではありません。

 

先生はあくまでも先生で

 

オンリーワンの存在なんです!

 

ですので

 

次回予約のアナウンスは

 

自信を持って患者さんに提案しましょう!

 

 

そう!

 

提案

 

先生はあくまでも

 

その患者さんにとって最善の来院頻度を提案するだけです!

 

そして

 

それを受け入れるかどうかは、その患者さん次第です!

 

 

このように考え方をシフトすると

 

かなり気持ちが楽になりませんか?

 

説明する整体・マッサージ師

 

 

先生は決して、患者さんを強引に来院させているわけではなくて

 

あくまでも提案しているだけ。

 

ぜひこのようなマインドで

 

患者さんが少しでも楽になれることだけに意識を集中してください!

 

 

まとめ

 

今回は

 

技術的に自信が持てずに、次回予約をアナウンスできない先生の

 

根本的な考え方をシフトしていただけるようにアドバイスをさせてもらいました。

 

 

最後にポイントをまとめてみましょう!

 

  • 難しいと感じる症状の患者さんは、成長のきっかけを持ってきてくれたと受け取る

 

  • 次回来院までの時間は、今まで以上に学びを深める時間。

 

 

  • 仮説と検証を繰り返すことこそ、整体・マッサージ師の仕事。

 

  • 次回予約はあくまでも提案。

 

  • 最終的な決定権は患者さんにある。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

先生の根底にある思い込みをクリアにして

 

そして、患者さんの症状を少しでも改善させることに集中して

 

先生が正しいと感じたことを堂々と提案していきましょう!

 

最後までありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6