リフレーミングで患者さんを笑顔に!

目安時間:約 8分
リフレーミング

 

 

前回

 

ホメるのが苦手な先生でもナチュラルにホメられる場面があって

 

その場面では、こんな風にホメるといいですよ!

 

という話をしました。

 

 

人はホメられると気分が良くなって

 

それと同時に体調も良くなるというお話ですね。

 

 

今回は

 

いろいろな場面で患者さんを上手にホメられるように

 

リフレーミングという手法を学んでいきましょう!

 

 

リフレーミングとは?

 

リフレーミングとは

 

物事や人物(性格を含む)などを、別の視点から見つめ直すこと。

 

 

人それぞれの独自の視点をフレームと言うので

 

そのフレームをちょっと変えてみるという方法なのでリフレーミングといいます。

 

フレーム

 

例えばですよ?

 

先生が一番苦手な患者さんを思い浮かべてみてください。

 

よろしいですか?

 

 

では先生は、その患者さんのどのような部分が苦手ですか?

 

 

その患者さんの苦手と感じる部分を、少しだけ角度を変えて見直して

 

そんな部分も悪くないなと思えるようになること。

 

これがリフレーミングの効果です。

 

 

お約束的(笑)なリフレーミング例

 

どれくらい前のことだったか

 

銀座の有名なママさん(ホステスさん)が書いた接客法に関する本が話題になりましたが

 

クラブやスナックで働く女性がお客さんをホメる方法が

 

上手にリフレーミングを使っている例として挙げられることがあります。

 

 

お客「こんなにお腹が出てるから、女性にモテないんだ・・・」

 

女性「え~!貫禄があって素敵ですよ~♥」

 

 

こんなベタでお約束的な会話が、リフレーミングの基礎なんです。

 

女性の視点

 

 

つまり・・・

 

「お腹が出ている」というネガティブな要素を

 

角度を変えて見ることで「貫禄がある」と置き換える。

 

視点をちょっとずらして、ネガティブをポジティブに変換する。

 

これがリフレーミングなのです!

 

 

スポンサーリンク



 

 

患者さんをリフレーミングしてみよう!

 

このリフレーミングという方法を

 

整体院の患者さんに使うとしたら、どのようなシチュエーションでしょう?

 

リフレーミングを理解して、コツをつかんでしまえば

 

ネガティブ発言を繰り返す患者さんにも上手にリアクションできそうじゃないですか?

 

 

上司の仕事の遅さにイライラしている患者Aさんに対して

 

「きっと、てきぱき働くAさんのペースについてこられないんですよ!」

 

 

上記の例は

 

「上司の仕事が遅い」というネガティブな物の見方を

 

「Aさんの仕事が早い」というポジティブな見方に変換したものです。

 

 

逆に・・・

 

自分の仕事が遅い事にコンプレックスを感じている患者Bさんに対して

 

「慎重に物事を考えて実行するタイプなんですね!」

 

 

この例は

 

仕事をこなすのに「時間がかかる」というネガティブを

 

「あえて時間をかけている」というポジティブに置き換えました。

 

仕事が遅い人

 

 

このように少し角度を変えて物事を見ると

 

ネガティブなものでもポジティブに変えられることができます。

 

 

リフレーミングは

 

コミュニケーションスキルとして有名な技術ですが

 

先生自身をリフレーミングしてもいいと思います。

 

 

今まで自信が持てなかったことや、コンプレックスだったことなど

 

ちょっと別の角度から見直してみてはいかがでしょうか?

 

視点を変える

 

 

最後にご注意

 

今回お伝えしたリフレーミングという手法は

 

ネガティブをポジティブに置き換えて、円滑なコミュニケーションを図ろうというものですが

 

最後に、ひとつだけ勘違いして欲しくないことがあります。

 

 

ネガティブをポジティブに置き換えるといっても

 

いわゆるポジティブシンキングというものとは少し違います。

 

 

ポジティブシンキングは

 

特に根拠もないのに「大丈夫、大丈夫!」とリアクションすることです。

 

「まぁ、いっか!」みたいなね(笑)

 

 

自分自身でポジティブな思考に切り替えられる人はいいんですが

 

ネガティブな考えに陥りやすい人は、「大丈夫、大丈夫!」なんていうリアクションに対して

 

「自分の悩みを真剣に聞いてくれていない」と感じてしまいます。

 

 

その辺りは十分に注意して

 

心身共に患者さんを心地よい方向へ導いてあげてくださいね!

 
スポンサーリンク



 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

愚痴っぽい患者さんの対応で施術がつらい・・・

目安時間:約 10分
つらい

 

 

過去の記事の中で

 

「自分のつらさを誰かに理解して欲しい」

 

という患者さんの欲求について触れたことがありました。

 

(こちら⇒整体院に患者さんが求めるものとは?

 

 

その欲求が愚痴という形で整体師を飲み込もうとすることもあります。

 

 

患者さんのつらい症状に関しては理解できるけど

 

毎回毎回こうも愚痴っぽい話が続くと

 

整体師としても施術する事がつらくなってしまいますよね?

 

 

今回の整体マッサージ師の独立応援サイトでは

 

ネガティブオーラをまとった(笑)患者さんの愚痴

 

施術自体がつらくなってしまった整体師の先生のために

 

ネガティブな感情から身を守るための考え方をお伝えします!

 

 

最後までよろしくお願いします!

>> 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6