ぎっくり腰の対応で大切なこと

目安時間:約 7分
ぎっくり腰

 

急な激しい腰の痛みで、這うように来院する患者さん。

いわゆるぎっくり腰の状態でしょうか。

 

先生もこのような患者さんの対応を経験したと思います。

 

先生はぎっくり腰の患者さんに対して、どのように対応しますか?

 

寝返りなどの動作がつらい患者さんに対して

どのような施術を行いますか?

 

何気ない動作から発症するぎっくり腰

 

いわゆるぎっくり腰。

急性腰痛というものです。

 

ぎっくり腰を起こす方のほとんどが

何気ないちょっとした動作がきっかけとなっています。

 

例えば

 

  • 床にある荷物を持ち上げた
  • 腰をねじった
  • くしゃみをした

 

などなど。

 

朝起き上がった瞬間にグキッとなり

そのまま身動きが取れなくなってしまうような方もいます。

 

先生の整体院を訪れるぎっくり腰の患者さんは

腰の痛みに耐えながら、少しでも痛みを軽くしたいという思いで来院されます。

 

なんとかしてあげたいものですね・・・。

 

選択肢に悩む

 

腰を施術してはいけない?

ぎっくり腰の患者さんに対して

炎症を起こしているから患部に刺激を入れてはいけない」

という話を聞いたことがあると思います。

 

でも、必ずしもそうとは限りません。

 

ぎっくり腰になって整体やマッサージを受けたら、すぐに楽になったという方もいます。

ぎっくり腰イコール腰部の炎症というのは絶対ではないので

必ず炎症所見が見られるか確認が必要です。

 

そもそも急性腰痛というものは、その定義があいまいなので

患者さんが「ぎっくり腰」と訴えても鵜吞みにせず

必ず自分の眼で確かめるようにしましょう。

 

ちなみに炎症の徴候は

 

  1. 発赤(患部が赤くなっているか)
  2. 疼痛(患部の痛みが強いか)
  3. 腫脹(患部が腫れているか)
  4. 機能障害(痛みで動かせないか)
  5. 熱感(患部が熱を帯びているか)

 

以上の5つです。

 

スポンサーリンク



 

ひとつの施術例

ぎっくり腰の患者さんの対応で一番困ることは

ベッドに横になれないということじゃありませんか?

 

施術する整体師

 

とりあえずはベッドに寝てもらわない事には

施術を始めることができないですもんね。

 

このような患者さんに対しては

まずは立位、もしくは座位での施術テクニックが必要となります。

 

CASTメンバーのみなさんには

皮膚筋膜の操法をお伝えしているので

それを座位や立位で応用して頂ければと思います。

 

そして、なんとかベッドに横になれるくらいになったら

次は寝返り動作ができるようになってもらいましょう。

 

仰臥位での操体法などが有効ですね。

 

寝返りがうてるようになったら、次は側臥位の施術です。

殿筋群大腰筋をしっかりとリラクゼーションさせましょう。

 

ここまでの施術で、動作時痛も軽減されているはずです。

再び仰臥位で、腹部の施術をゆっくりと行います。

 

そして最後に

炎症所見が見られなければ、患部の施術を試みて良いと思います。

 

動作時の支えが大切です!

今回の施術はひとつの例です。

患者さんの状況を見て臨機応変に対応してください。

 

そして施術の流れの中で

何度か体位変換を行うタイミングがあります。

 

今回の本題はここです!

 

患者さんの動作に細心の注意を払うと同時に

その動作を優しくアシストしてあげてください。

 


 

ウェイトトレーニングの経験がある方はご存知かと思いますが

ベンチプレスなどを行う際に

アシストしてくれるトレーナーさんがいると、すごく楽に持ち上げられます。

 

ベンチプレス

 

あのトレーナーさんのアシストって

決して一緒にバーベルを持ち上げているわけではなくて

バーベルの端を軽く支えているだけなんです。

 

本当に触れている程度に力でね。

 

それくらいのアシストがあるだけで

動きがとても楽になるんです。

 

逆にアシストに力が入っていると動かしづらい。

だから私たちのアシストも、優しく触れる程度の力じゃないとダメなんです。

 

最後に

例えば伏臥位になる時

一度四つん這いのような姿勢になりますよね?

そのタイミングで、患者さんの腹部をそっと支えます。

これだけでも楽に伏臥位になれます。

 

また側臥位になる場合にも

肩甲骨や仙骨を支えてあげるだけで

腰への負担が少なく姿勢を変えることができます。

 

ぜひ試してみてください!

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6