筋肉の役割や種類|その働きを知って施術に活かす

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
筋肉のイメージ

 

私たちが体を動かすということ

正確には関節を動かすということです。

 

そして関節を直接動かしているのが筋肉。

 

関節を動かすための筋肉は

骨格筋と呼ばれているものですね。

 

骨格筋に対する知識は

私たちが最低限持っていなければいけない重要なもの。

 

ここでは筋肉に対する基礎的な知識をおさらいします。

 

スポンサーリンク



筋肉の種類

筋肉には3つの種類があります。

 

  • 骨格筋
  • 平滑筋
  • 心筋

 

骨格筋については冒頭で簡単に触れました。

 

骨格筋は関節を動かすための筋肉なので

おもに骨に付着していますね。

 

(表情筋に一部などは皮膚に付着しています)

 

次に平滑筋という種類の筋ですが

平滑筋は別名「内臓筋」と呼ばれ

血管・胃・腸・膀胱などの内臓の壁を構成している筋肉。

 

心筋は文字通り、心臓にある筋肉ですね。

 

心臓は、その内部にある血液を

心筋の力によって全身に送ります。

 

ちなみに・・・

心筋に血液を送る血管にトラブルが生じ

心筋が壊死して機能できなくなった状態を心筋梗塞といいます。

 

そして、筋肉を動かしているのは

運動神経ですね。

 

筋肉は一人では動けないので

必ず運動神経の命令を受けてから動きます。

 

つまり筋肉とは

神経の奴隷に過ぎません。

 

ただ、運動神経の命令で動けるのは骨格筋のみ。

 

平滑筋と心筋は運動神経によって動いているわけではないんです。

 

随意筋と不随意筋

では、平滑筋と心筋は誰が動かしているのでしょう?

 

答えは「自律神経」です。

 

運動神経と自律神経の大きな違いは

私たちの意識で調整できるか否かということ。

 

健康な体であれば、私たちは自由に関節を動かせますよね?

 

例えば、高い位置に置かれた荷物を取ろうとするとき

その荷物がある高さを脳で計算し

丁度いい角度で腕を伸ばします。

 

時にはつま先を立てて背伸びをするかもしれません。

 

これらの動きは全て、私たちの意識で行っています。

 

では平滑筋や心筋はどうでしょう?

 

自分の意識で心臓の鼓動を早めたり

胃の動きを活発にしたりとか、できませんよね?

 

このように

自分の意志によって動かせる筋肉を随意筋といい

意思ではどうにもならない筋肉を不随意筋といいます。

 

つまり

骨格筋は随意筋で

心筋と平滑筋は不随意筋という分類になります。

 

スポンサーリンク



筋肉の役割の中でも重要な事

今回の最後に

骨格筋の作用(働き)について解説します。

 

骨格筋の働きは以下の通り。

【骨格筋の働き】

  1. 張力の発生
  2. 運動作用
  3. 姿勢保持作用
  4. 熱の産生

 

張力の発生とは

骨格筋が収縮する時に力を発生することを指します。

 

運動作用とは、関節を動かして体を自由に動かすことですね。

 

熱の産生は

骨格筋が収縮・弛緩する際に消費されるエネルギーが

副産物として熱を発生させること。

 

体を動かせば、体温が上がりますよね?

 

そして、体温の上がり過ぎを調整するために汗をかく。

 

そして、私たちが最も注意深く観察しなければいけないことは

3の「姿勢保持作用」です。

 

姿勢保持とは姿勢をキープするということですね。

 

例えば、私たちがボーっと立っているだけでも

筋肉は働いているということ。

 

座って安静にしているようでも

必ずどこかの筋肉が働いています。

 

このように、現在の姿勢をキープすることも

筋肉の大切な働きというわけです。

 

 

ここは非常に重要です!

 

スポーツの現場などにおいては

いかに関節運動を早く大きくするかが大切ですが

みながスポーツをするわけではない。

 

ほとんどの人が

デスクワークや立ち仕事など

姿勢を保持するだけの事で、コリや痛みを作っています。

 

スポーツの筋肉の使い方を「アクセル」とすれば

日常生活での筋肉の使い方は「ブレーキ」になる。

 

施術の際、ここに意識を向けると

とても多くの事が見えてきます。

 

ブレーキの役割をしている筋肉の方が

長時間、収縮と弛緩を繰り返さなければならない。

 

当然、負担も大きくなります。

 

みなさんも人の体を観察する際は

その人が日常でどのような姿勢をしているのか知り

その姿勢をキープするため、ブレーキの役割を担っている筋肉は何なのか?

 

よーく考えながら施術をしてくださいね!

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6