ひとり整体院は地域密着型にすべし!

目安時間:約 7分
地域密着型

 

 

 

整体マッサージ院を開業するにあたって

 

開業場所となる地域の特性を検討する必要があります。

 

 

特にひとり整体院の場合は

 

地域密着型にすることをおすすめしています。

 

 

では、具体的にどのような方法があるのか・・・?

 

そのヒントは・・・

 

世界で初めて出来たデパートにありました!

 

 

世界初のデパート「ボン・マルシェ」

 

みなさんはアジェンダというものをご存知ですか?

 

 

1852年

 

世界で初めての百貨店、いわゆるデパートがパリにオープンしました。

 

そのデパートの名前はボン・マルシェ

 

世界初のデパート

(写真はプランタンです・・・笑)

 

ボン・マルシェはお店のパンフレットを作成し

 

そこにボン・マルシェンの情報だけではなく

 

近隣のいろいろな飲食店や観光できる施設などを紹介したそうです。

 

そのパンフレットの名前がアジェンダ

 

 

ボン・マルシェを利用する顧客たちは

 

ボン・マルシェに向かう道すがら、このアジェンダを見て

 

買い物のあとの食事やレジャーの計画を立て

 

素敵な休日を過ごしたそうです。

 

 

このアジェンダって

 

すごく地域密着型のパンフレットってことですよね!

 

私たちひとり整体院を運営する者にとって

 

とても参考になる話だと思います。

 

 

スポンサーリンク



 

 

近隣の店舗と手をつなごう!

 

私たちひとり整体院が成功するためには

 

地域との親密度を上げる方法が一番です。

 

近隣の飲食店などを積極的に利用して

 

お店のオーナーさんやスタッフさんと仲良くさせてもらう。

 

そうする事によって、とても自然な口コミが発生して

 

新規患者さんの数も確実に増えていくことでしょう。

 

 

整体院のパンフレットを置かせてもらうというのも良いですね!

 

こちらも先方のショップカードなどを整体院に置いて

 

お互いのお店を地域に広めていく。

 

 

もっと言えば

 

異業種とのコラボなんかもアリです!

 

先生の整体院を利用すると、カフェのクーポンがもらえて

 

施術のあとに、体がよろこぶような新鮮なスムージーをカフェでいただく。

 

利用する方にとって、素敵な一日になると思いませんか?

 

もちろんカフェでも、整体院のクーポンをもらえるシステムにしておきます。

 

 

地元の町内会などにも参加!

 

住宅地で開業されている先生なら

 

地域の活動に積極的に参加しましょう!

 

町内会のお仕事を買って出たり

 

地域のボランティアに参加したり

 

まず先生の方から地域の人たちに「与える」ことで

 

さらなる幸せを受け取るきっかけとなるでしょう!

 

 

私の知り合いの先生も

 

地域の消防団に参加・活動するようになってから

 

近所の患者さんが一気に増え

 

地元の公民館なども無料で利用させてもらい

 

ちょっとした健康教室を開催して大成功しています!

 

セミナー

 

完全なる地域密着型整体院ですね!

 

 

最後に

 

今回お話したように

 

ひとり整体院には、それに見合った戦略というものがあります。

 

もちろん、駅チカの路面店で多店舗展開する整体院にも、それなりの戦略があるのです。

 

 

人口の少ない小さな町で、たった一人で整体院を開業する事も

 

戦略さえ間違えなければ、決して無謀なことではありません。

 

 

これから整体マッサージ院を開業する先生はもちろん

 

戦略について十分に考えてから独立することが必要ですが

 

すでにひとり整体院として開業している先生も

 

改めて、自分の戦略が地域にマッチしているかを見直す必要があります。

 

 

途中から路線を変更したって、全く問題ないわけですから!

 

 

それでは今回は以上になります!

 

最後までありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

各臓腑の働きと関連する症状【小腸】

目安時間:約 5分
東洋医学の太極図

 

 

今回の臓腑働きと関連する症状は、小腸についてです。

 

東洋医学で言う小腸と、西洋医学の小腸

 

働きに関してはほぼ同様であると考えていいと思いますので

 

まずは西洋医学の小腸に関して復習していきましょう。

 

 

それでは今回の整体マッサージ師の独立応援サイト

 

さっそく始めていきましょう!

 

 

西洋医学での小腸の働き

 

小腸十二指腸・空腸・回腸の3つで構成されています。

 

十二指腸は胃に続く部分で、ファーター乳頭(十二指腸乳頭)という盛り上がりが見られます。

 

このファーター乳頭の部分には、膵臓からの膵管と肝臓・胆のうからの総胆管が合流しています。

 

それぞれ、膵臓からの膵液、肝臓で作られた胆汁が十二指腸に流れていき

 

胃から送られてきた食べ物の消化を助けます。

 

 

その後、空腸・回腸と続いて

 

大腸の最初の部分である盲腸に移行するわけです。

 

 

食べた物は小腸に長時間滞留して

 

吸収可能な栄養素にまで消化され、そして体内に吸収されます。

 

消化吸収

 

 

東洋医学での小腸は?

 

東洋医学で考えられている小腸働きも類似しています。

 

胃から送られてきた食べ物を消化して

 

栄養素と不要なものを分別したのち

 

固形物は大腸へ送り、水分を膀胱へと送ります。

 

分別

 

 

東洋医学では

 

栄養素など体に必要なものを(せい)

 

老廃物など不要なものを(だく)と言います。

 

 

小腸の働きは

 

この清と濁を分別して、それぞれの臓腑に送ること。

 

 

ちなみに清は上昇、濁は下降という意味もあります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

小腸に関連する症状

 

東洋医学では

 

小腸の機能が衰えることで、以下の症状が現れると考えます。

 

 

  • 下痢

 

  • 嘔吐

 

  • 腹部の膨満感

 

  • 食欲減退

 

 

 

最後に

 

小腸のツボがならぶ手の太陽小腸経には

 

肩こりに効果があるツボが多く存在します。

 

肩中兪、肩外兪、天宗、肩貞などは

 

経絡・経穴を特に意識しない施術をする先生でも圧しているでしょう。

 

(ツボの取り方辞典、ただいま作成中です!)

 

 

肩こりに伴い、前述した消化器系の症状がみられるケースでは

 

手の太陽小腸経のラインである小指から腕への施術を入念に行うと良いでしょう。

 

 

表裏関係にある心については

 

こちら⇒【臓腑】心の働きと関連症状

 

 

今回は以上になります。

 

最後までありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

体位変換でチャンスを増やす!

目安時間:約 7分
体位変換

 

今回は施術時の体位変換の重要性についてです。

 

 

先生は1回の施術の中で、どのくらい患者さんの体位変換をしますか?

 

できれば複数回、必要に応じて体位変換をすることが望ましいです。

 

それはなぜか・・・?

 

 

また

 

体位変換する患者さんの動作に注目して、声をかけてあげる事で

 

患者さんが積極的に施術を受けてくれるようにもなります!

 

そうなるためにも

 

どのような声かけが必要なのでしょうか?

 

 

それでは、今回もスタートです!

 

 

同じ姿勢はシンドイ・・・

 

私も時々、マッサージを受けにいきます。

 

1時間ほどマッサージを受ける中で

 

ほとんどのセラピストさんの体位変換は1回。

 

伏臥位→仰臥位くらいですね。

 

 

これって、マッサージを受けていて、結構しんどいです。

 

 

同じ姿勢のままじっとしている事って

 

けっこう負担になりますよね?

 

 

患者さんの体に負担をかけないという意味でも、体位変換は重要なんですが

 

実は、他にも体位変換をする意味というかメリットがあるんですね!

 

 

今回の整体マッサージ師の独立応援サイトでは

 

体位変換メリットを2つほどご紹介します!

 

 

スポンサーリンク



 

 

体位変換をすると〇〇が変わる!

 

体位変換するということは、患者さんの姿勢が変わるということですよね?

 

姿勢が変わると当然、関節の角度も変化します。

 

特に肩関節や股関節、膝関節などの大きな関節は、姿勢によってかなり変わります。

 

関節の角度が変わるという事は

 

全身を包む筋膜の状態に変化が起こるという事なんです。

 

 

ご存知の通り

 

各筋肉は筋膜という薄い膜に包まれています。

 

さらに一番体表に近い筋膜は、1枚で全身を包み込んでいると考えられています。

 

つまり、体位変換によって姿勢が変わり、関節の角度が変わることで

 

筋膜が部分的に伸ばされたり縮んだりよじれたりするわけです。

 

筋膜の状態が変わる

 

 

体位変換をすることで、いろいろな筋膜の状態で筋肉にアプローチできるので

 

押圧による刺激も多角的になるんですね。

 

 

伏臥位でなかなか取りきれなかった硬結が

 

姿勢を変えて側臥位からアプローチをしてみたら

 

一瞬のうちにゆるみはじめた!

 

なんていうこともしょっちゅうありますしね!

 

 

同じ部位でも、体位を変えてアプローチしてみて

 

いろいろと試してみると面白いですよ!

 

 

患者さんの変化を見るタイミング

 

体位変換の瞬間は

 

患者さんの体の動きの変化を注意深く観察できるタイミングです。

 

施術前の検査時のように

 

「こうやって動かしてみてください」

 

という先生からの指示ではなく

 

患者さん自身が動きやすいように無意識に動くので

 

各関節の状態が把握しやすいんです。

 

 

そして、患者さんが体位変換を終えた後に

 

「今の動きでどこかに痛みはでませんでしたか?」と質問することで

 

患者さんの意識自身の体に集中します。

 

患者さんが自分の体に対して敏感になってくれるんです。

 

 

また

 

「だいぶ動作がスムーズになりましたね!」

 

と現状を伝えてあげることによって

 

患者さんは自分の体が回復に向かっている事を自覚します。

 

体位変換はチャンス

 

 

このように、体位変換時の声かけは

 

「積極的に施術を受けたい」と思ってもらえるきっかけにもなりますので

 

体位変換時は患者さんの動作に注目して

 

先生が気づいたことを伝えてあげてください!

 

 

最後に

 

体位変換の重要性、ご理解いただけたでしょうか?

 

特にマッサージをメインの手技として使われている先生は

 

短い施術時間であっても、なるべく体位変換を行って

 

患者さんの動きを確認するとともに

 

いろいろな姿勢からアプローチを試みましょう!

 

関連記事

ぎっくり腰などで体位変換が難しい患者さんへの施術

 

 

 

スポンサーリンク



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

各臓腑の働きと関連する症状【心】

目安時間:約 6分
東洋医学の太極図

 

 

今回の臓腑は「」です。

 

心は現代医学で言うところのに該当する臓腑だと思われますが

 

循環器として働く臓の役割以外にも

 

はいろいろな働きを持っています。

 

 

それでは

 

今回も整体マッサージ師の独立応援サイト

 

最後までよろしくお願いします!

 

 

心は意識や精神状態も調整する

 

西洋医学でいう臓の働きは

 

ポンプ作用で全身に血液を送り滋養することですよね。

 

東洋医学の「」に関しても、同じような働きがあると考えられているのですが

 

はその他にも重要な役割を持っています。

 

心臓

 

 

 

は「君主の官」といって

 

全身の各臓腑が、お互いにバランスよく活動できるように監視しています。

 

精神意識を充実させることも働きであることから

 

は「心臓」と「脳」の両方の働きを併せ持っているようなイメージかと思われます。

 

 

汗のかき方や舌の状態にも

 

は五行の「」に属しているので、熱を持つ性質があります。

 

そして、汗は心の液と考えられていることから

 

正常ではない汗のかき方をする人は、に問題があると推測できます。

 

火

 

 

また

 

の状態はにも現れます。

 

舌の色や形、舌苔(ぜったい)という舌の表面のコケを観察して

 

心の状態を知ることもできるんです。

 

 

ちなみに舌の状態と言うものは

 

の状態だけではなく、他の臓腑の状態も現れます。

 

舌診(ぜっしん)という診断方法を極めている先生であれば

 

患者さんの舌を診るだけで、体の状態が読めるそうです!

 

非常に難しく、長い経験を要する診断法です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

心の不調を表す症状

 

の作用が弱くなってくることで、次のような症状が現れます。

 

 

血液循環に関する症状

 

が持つ推動作用(すいどうさよう)が衰えると

 

血液循環に影響が出てしまいます。

 

 

  • 動悸

 

  • 顔面蒼白

 

  • 脈の異常

 

 

 

 

精神や意識に関する症状

 

の調子は意識や精神状態にも影響します。

 

  • イライラ

 

  • 物忘れ

 

  • 不眠

 

  • 夢を多く見る

 

  • 意識障害

 

睡眠

 

 

 

舌に関する症状

 

の状態は舌を診ることで分かります。

 

 

  • 主に舌の色に関する異常

 

 

汗に関する症状

 

汗は心の液。

 

汗のかき方が普通でない状態は、心の不調を表します。

 

  • 寝汗

 

  • 常に汗をかいている

 

  • 大量に汗をかく

 

  • 頭に限定して汗をかく

 

異常な汗

 

 

最後に

 

心は君主の官」と申しましたが

 

君主とは「最高司令官」のような役割です。

 

心は血液の循環のみならず

 

記憶や判断力、知覚や指導力なども調整しているんですね。

 

 

心と表裏関係にある小腸については

 

こちら⇒【臓腑】小腸の働きと関連する症状

 

 

最後までありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6