各臓腑の働きと関連する症状【三焦】

目安時間:約 7分
東洋医学の太極図

 

 

久しぶりの臓腑関連の記事です!

 

今回お伝えするのは三焦

 

前回の心包と表裏関係にある臓腑です。

 

 

今までいくつかの臓腑について触れてきましたが

 

どれも私たちが知る臓器と名前が似ていましたので

 

なんとなくその働きに対するイメージがつきましたが

 

今回お伝えする三焦という名の臓腑

 

東洋医学独自の臓腑であるため、働きに全くイメージがつきませんね。

 

三焦とはどのような臓腑なのでしょう?

 

 

今回も整体マッサージ師の独立応援サイト

 

どうぞよろしくおねがいします!

 

 

三焦は機能だけの臓腑

 

三焦という臓腑は、表裏関係にある心包と同じく

 

形として存在するものでなく、ただ働きがあるのみの臓腑です。

 

 

三焦と表裏関係の心包については

 

こちら⇒【臓腑】心包の働きと関連症状

 

 

 

三焦は水液の通路として、水分代謝を行っています。

 

水路

 

 

また

 

消化吸収によって気・血・津液を作り

 

栄養分とともに全身へ循環させる働きを担っているんです。

 

 

3つのエリアを持つ三焦

 

三焦の「三」という字は

 

三焦が3つのエリアに分類されていることを表しています。

 

すなわち

 

上焦・中焦・下焦の3つです。

 

 

上焦

 

上焦は横隔膜より上のエリア

 

胸のあたりを指します。

 

臓腑で言えばのあるエリアです。

 

 

中焦

 

中焦は横隔膜からヘそにかけてのエリアです。

 

がある上腹部が中焦にあたります。

 

下焦

 

へそから下の下腹部が下焦です。

 

肝・腎・小腸・大腸・膀胱は下焦エリアに属しています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

三焦の機能障害で起こる症状

 

三焦に関する症状は

 

どのエリアにトラブルがあるのかで、それぞれ変わっていきます。

 

 

上焦に関する症状

 

  • 不安感

 

  • 喉や口の渇き

 

  • いつも汗をかく

 

  • むくみ

 

不安感

 

 

 

中焦に関する症状

 

  • 下痢

 

  • 腹部の張り感

 

  • 吐き気

 

 

 

下焦に関する症状

 

  • 血便

 

  • 水のような下痢

 

  • 便秘

 

  • 遺尿

 

下痢

 

 

 

最後に

 

三焦が気・血・水液を循環させる3つのエリアにトラブルが起こると

 

そのエリアに存在する臓腑の機能に影響してしまうという事が

 

それぞれのエリアの症状によって理解できますね。

 

 

三焦経で特に重要とされている経穴に陽池(ようち)というものがあります。

 

陽池のように、名前にという文字が入っているツボがいくつかありますが

 

池という文字には「たまる・集まる」といったような意味があるんです。

 

貯水池

 

 

例えば後頭部の付け根にある風池(ふうち)というツボは

 

風の邪気、つまり風邪(ふうじゃ)がたまる場所だと考えられています。

 

 

陽池は陽の気が集まる場所ですので

 

三焦の陽の気が衰えたことに起因する症状に効果があるとされているんです。

 

 

それでは、今回は以上です!

 

最後までありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

患者さんとの距離を近づけてリピート率を上げよう!

目安時間:約 9分
リピート率を上げる

 

整体院リピート率高めるためには

 

とにかく患者さんと信頼関係を作ること。

 

これは整体院だけではなく

 

どのような商売でも同じことですよね。

 

 

信頼関係を築いたり、患者さんとの距離近づけたりする方法は

 

何も技術だけではありません。

 

 

今回の整体マッサージ師の独立応援サイトは

 

心理学的な技法を使って

 

患者さんとの距離近づけてリピート率高める方法についてです!

 

 

コミュニケーションに自信のない、口下手な先生にもできる方法なので

 

ぜひ最後までご覧くださいね!

 

 

どんな人と「また会いたい」と思いますか?

 

先生は初対面の相手と会った時に

 

「この人とは仲良くなれそうだな」

 

と感じる人はどのような人ですか?

 

 

笑顔が素敵な人

 

優しそうな人

 

会話が面白い人

 

いろいろあると思います。

 

 

心理学的に、人が親近感を感じる相手というのは

 

自分と共通する部分を持つ人だと言われています。

 

共通点

 

 

人は自分と似た相手に親近感を抱く

 

私たち整体師・マッサージ師が

 

初対面の人、つまり初診の患者さんに

 

「この先生とまた会いたい」と思ってもらえるためにはどうしたらいいか?

 

 

先ほど

 

人は自分と共通する部分を持つ相手に親近感を抱くとお話しましたが

 

初診患者さんに

 

「この先生は私と似ているな」と感じさせればいい訳ですよね?

 

 

でも

 

毎月たくさん来院する初診患者さん全てと、共通する部分を探すのは無理があります。

 

 

何か良い方法はないのでしょうか?

 

 

相手との距離を瞬時に縮めるテクニック

 

初診患者さんとの距離近づけるためにできる方法は

 

ミラーリングと呼ばれる手法です。

 

心理学系の本やコミュニケーション系の本にも多くピックアップされている有名な技法なので

 

ご存知の先生も多いかと思いますが

 

私たち整体師・マッサージ師がどのようにミラーリングを応用すればいいのか考えてみましょう。

 

 

まず、ミラーリングとはどのような手法なのか?

 

ミラーリングとは簡単に言ってしまえば

 

相手の言動を真似るということ。

 

あたかも初診患者さんのになるようなイメージです。

 

鏡写し

 

 

ただ気を付けていただきたいのは

 

いくら初診患者さんの鏡になって真似をすると言っても

 

あからさまなモノマネはいけません

 

真似された相手は

 

自分が小バカにされたと感じてしまうでしょう。

 

 

それでは実際に

 

初診の問診時を例にとって、ミラーリングを学んでいきましょう!

 

 

ミラーリングするポイント

 

ミラーリングを行うポイントはいくつかあります。

 

それぞれのポイントでどのように真似るかの例を挙げてみます。

 

 

話すスピード

 

相手がゆったりとしたペースで話すのであれば

 

こちらゆっくりと話をします。

 

逆に早口の患者さんであれば

 

先生も早い口調で話すようにしましょう。

 

話すペース

 

 

声のトーン

 

患者さんが精力的に大きな声で話す人なのか。

 

それともささやくように静かに話すタイプなのか。

 

その辺りをよく観察して、先生も声のトーンを調整してください。

 

 

先生が買い物や食事に出かけた時に

 

先生は割と高めのテンションで店員さんに話しているのに

 

かたや店員さんは、クールな雰囲気で先生の話に答えていたら

 

先生は、ちょっと肩すかしを喰らったように思いませんか?

 

 

これが同じようなテンションで対応されたら

 

気分も高揚して、必要のない物までオーダーしてしまいそうじゃないですか?

 

 

動作をミラーリング

 

相手が膝の上に手を置いて話しているのであれば

 

先生も同じように、膝の上に手を置いて話してください。

 

 

大げさなくらい、身振り手振りを交えて話す患者さんであれば

 

先生もそのようにして話をするのがベストです。

 

身振り手振り

 

 

言葉も真似る

 

「腰がバリッと痛くなって・・・」

 

そのように患者さんが話をしたら

 

「いや、バリっとじゃなくてグキっとだろ?」

 

なんて思ったとしても、「バリっと」という言葉を使って会話を進めましょう。

 

共通の言語を持つ相手とは

 

間違いなく瞬間的に親近感が急上昇します。

 

選ぶ言葉

 

 

 

まとめ

 

それでは今回のまとめです。

 

 

初診患者さんとの距離を瞬時に近づけるには

 

 

相手をミラーリング(真似る)すること。

 

 

ミラーリングするポイントは

 

  • 会話のスピード

 

  • 声のトーン

 

  • 動作や身振り手振り

 

  • 使う言葉

 

 

 

などです。

 

 

このほかにも

 

ミラーリングする事で距離近づけるポイントがありますので

 

初診患者さんが来た時や

 

セミナーなどで初めて初対面の人と話す時は

 

ぜひ、いろいろミラーリングして試してください!

 

 

それでは今回は以上です!

 

最後までありがとうございました!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

マッサージだけで姿勢を整える方法

目安時間:約 11分
悪い姿勢

 

 

関節調整のスキルを持たない先生は

 

「体のバランスが悪いので整えてください」

 

なんて患者さんからの要望があると、一瞬戸惑ってしまうかもしれません。

 

 

でも、先生もうすうす気づいているのではないですか?

 

マッサージだけでも姿勢整えることができるのでは」

 

ということに。

 

 

確かに、関節を調整するテクニックがあれば強いですが

 

筋肉にアプローチするだけでも、十分に姿勢整えることは可能です!

 

 

今回の整体・マッサージ師の独立応援サイトでは

 

マッサージだけ姿勢整える方法と

 

姿勢整える際にターゲットとするべき筋肉の探し方についてです。

 

 

それでは、始めましょう!

 

 

正しい姿勢とは

 

マッサージだけ姿勢整える方法を学ぶ前に

 

まずは、正しい姿勢について知っておきましょう。

 

 

以下の図をご覧ください。

 

 

正しい姿勢

 

かなり大胆な図でゴメンナサイ(笑)

 

この図は

 

立位の姿勢を右から見たものを表したものです。

 

 

それぞれのポイントに➀~⑥までの番号が付けられていますが

 

解剖学的には

 

この6つのポイントが赤い縦線で結ばれていることが理想とされています。

 

 

では、この6つのポイントは、体のどの部分を表すのか?

 

以下に記しました。

 

 

  1. 外耳孔(耳の穴)
  2. 肩関節の中心
  3. 体幹の中心
  4. 大腿骨大転子
  5. 膝関節の中心の少し前
  6. 外顆(外くるぶし)の中心の少し前

 

 

 

例えば

 

外耳孔が赤い線よりに出ていたら

 

アゴが突き出て背中も丸まってしまいます。

 

この姿勢では首や背中に痛みが出てもおかしくありません。

 

首や背中の痛み

 

 

そして、大腿骨大転子の位置が線より前になっていれば

 

骨盤が後傾して、それに伴い膝もまっすぐ伸びていない姿勢になります。

 

そんな姿勢で毎日過ごしていたら

 

当然、腰や膝に負担がかかってしまいますね。

 

膝の痛み

 

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

なんとなくイメージできましたか?

 

 

スポンサーリンク



 

 

引っ張ってる筋肉をゆるめる

 

では実際に、どの筋肉に着目して姿勢整えるか考えてみましょう。

 

分かりやすいように先ほどの例を用います。

 

大腿骨大転子が前に変位しているパターンですね。

 

 

大腿骨大転子が前にいっているという事は

 

骨盤が後ろに傾いている証拠です。(骨盤の後傾)

 

 

では、骨盤を後傾させる筋肉は・・・?

 

 

まっさきに思いつくのは

 

大・中殿筋ハムストリングスあたりでしょうか?

 

いずれも股関節の後面をまたいでいる筋ですからね。

 

大殿筋と中殿筋

(大・中殿筋)

 

 

ハムストリングス

(ハムストリングス)

 

 

これらの筋肉が、常に硬く縮こまっていたら

 

骨盤はいつも後方へひっぱられている状態。

 

なので

 

これらのひっぱっている筋肉をゆるめて、もとの長さに近づけてあげましょう!

 

 

これでひとまず

 

骨盤を後傾させる直接の原因にアプローチできました。

 

 

たるんだ筋肉を引き締めよう

 

筋肉を調整して姿勢整えたいのであれば

 

これだけで終わりという訳にはいきません。

 

 

次に着目する筋肉は

 

骨盤を後傾させる筋肉と反対の作用を持つ筋肉です。

 

つまり、骨盤を前傾させる筋肉に着目します。

 

 

ん・・・?

 

後傾した骨盤を調整するのに、なんで・・・?

 

 

そのように思いましたか?

 

 

骨盤の前傾に作用する筋に対してのアプローチは

 

マッサージではなくて「運動」です。

 

 

今度は容易に骨盤を後傾させないように

 

前傾させる筋肉に、ギュッと引き締まってもらいます。

 

 

イメージできますか?

 

 

手っ取り早く引き締めるためには運動が一番!

 

骨盤を前傾させる作用を持つ

 

大腰筋腸骨筋大腿直筋などに抵抗運動をかけます。

 

 

腸腰筋

(大腰筋、腸骨筋)

 

 

大腿直筋

(大腿直筋)

 

*画像出典:医道の日本社「クリニカルマッサージ」

 

これらの筋は

 

骨盤を前傾させる筋でもあり、股関節を屈曲させる作用を持つ筋でもあります。

 

(腸骨筋を除く)

 

つまり、股関節の屈曲動作に、先生の手で軽く抵抗をかけて

 

5~10回ほど運動をしてもらいます。

 

これで骨盤を前傾させる筋肉が、ギュッと引き締まりますね!

 

 

基本はオーディオの調整と同じ?

 

管理人がこの方法を学んだとき

 

「なんだかオーディオの調整に似てるな」

 

と感じました。

 

 

例えば音楽CDを再生して

 

高音域がキンキンと高くて耳障りだなと感じたら

 

イコライザーで高音域を下げますよね?

 

 

でももうひとつ、高音域を抑える方法がありません?

 

 

そうです!

 

高音域はそのままで、低音域の出力をあげる方法です!

 

低音域を強調して、さらにボリュームを抑えれば

 

バランスの良い音域で音楽を楽しめますよね!

 

オーディオ調整

 

 

なんだか・・・・

 

筋バランスの調整法と似ていませんか・・・?

 

私だけ・・・?(笑)

 

 

まとめ

 

それでは最後にまとめます。

 

 

マッサージだけ姿勢調整するためには

 

筋肉のバランス調整すればいい。

 

 

基本となる筋バランスの調整法は

 

引っ張っている筋をゆるめて、弱った筋を引き締める。

 

 

すごくシンプルですよね!

 

 

臨床では、アプローチする筋を瞬時に特定するために

 

筋肉の作用や、主動作筋と拮抗筋の関係を学んでおく必要があります。

 

 

一般的な解剖学の本を参照して

 

できるだけ短い時間で姿勢を整えられるようになりましょう!

 

 

長くなりました!

 

今回は以上です!

 

 

スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

整体師が陥りがちな問診時のNG行為

目安時間:約 10分
NG

 

 

施術自体はうまくいって患者さんの症状も改善されたのに

 

なぜか次回予約に繋がらない・・・

 

こんな悩みを持つ整体師さんは少なくないでしょう。

 

 

ポジティブすぎる整体師さんであれば

 

「1回で治っちゃったかなぁ~♪」

 

なんて考えるかもしれませんが

 

まぁ、まずないでしょう・・・(笑)

 

 

施術の効果がしっかりと現れたのにリピートにならない。

 

その原因のほとんどがコミュニケーションにあります。

 

 

今回の整体マッサージ師の独立応援サイトでは

 

整体師の先生が無意識にやってしまいそうな

 

問診時の3つのNGな行為についてお話します。

 

 

ささいなことかもしれませんが

 

先生のコミュニケーションを見直すきっかけになればと思います。

 

 

それでは今回もよろしくお願いします!
>> 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

各臓腑の働きと関連する症状【心包】

目安時間:約 6分
東洋医学の太極図

 

 

今回の臓腑働きと関連症状は「心包」です。

 

西洋医学のみ学ばれた先生には、聞き慣れない臓腑の名前だと思います。

 

東洋医学独自の心包という臓腑の概念や

 

その働きと関連する症状について知っておきましょう!

 

 

それでは!

 

今回も整体・マッサージ師の独立応援サイト

 

始めていきます!

 

 

心包は形のない臓腑

 

心包という字を見ると、心を包むと書かれているので

 

西洋医学で言う「心膜」のようなものではと想像してしまいます。

 

しかし、心包とは

 

形として存在している臓腑ではなく

 

ただ機能(働き)だけが存在していると考えられています。

 

 

なかなかイメージが難しいですね・・・。

 

 

では、心包という臓腑は、どのような働きを持っているのでしょうか?

 

 

心包の働き

 

心包の主な働きは、心を護衛するというものです。

 

心についてはこちら⇒【臓腑】心の働きと関連症状

 

 

 

心はもともと丈夫な臓腑だと考えられています。

 

しかし、心はを宿している大変重要な臓腑

 

東洋医学で言う神がなくなるということはを意味しますので

 

心包という護衛隊長が厳重に警備しているんですね。

 

護衛

 

さらに心包

 

気や血を全身に巡らせるという働きもあります。

 

 

そして

 

中枢神経系である脳や脊髄とも深いつながりを持っていると考えられています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

心包に関連する症状

 

うわごと」が口をついて出るという症状は

 

心包の状態に原因があると考えられています。

 

うわごととは、意味の解らないような言葉のことですね。

 

 

心包の状態によって

 

大きく明瞭なうわごとが出る場合もあれば

 

小さな声でボソボソとつぶやくようなうわごともありますが

 

一般的に、小さく力のないうわごとの方が症状が重いと考えられています。

 

うわごと

 

 

また、心包に関連した症状牙関緊急(がかんきんきゅう)というものがあります。

 

牙関緊急とは

 

口の中の噛む筋肉が、無意識のうちに力んでしまい

 

グッと歯を食いしばった状態が続いてしまう症状。

 

破傷風という感染症の特徴的な症状のひとつでもあります。

 

 

最後に

 

もし臨床上で、心に関する症状を疑う場合は

 

必ず心包の状態を確認するようにしてください。

 

 

心包は心を守るという、重要な役割を持っていますので

 

心の状態が悪くなったのであれば、心包の防御が破られたと考えるのが自然ですからね!

 

 

ちなみに

 

管理人が良く使う心包経の経穴は、郄門(げきもん)と労宮(ろうきゅう)です。

 

 

郄門は前腕前側のちょうどド真ん中。

 

郄門

 

労宮の取り方は

 

四指を折り曲げた時に、ちょうど中指と薬指の先端が当たるところの中間です!

 

労宮

 

 

動悸や胸苦しさ

 

意味もなくイライラするなどの症状に効果を感じています。

 

 

筋肉をほぐすような強い圧ではなく

 

体表から優しく深部へ到達するような圧を心がけて試してみてください!

 

 

次回は心包と表裏関係にある三焦についてです。

 

 

今回もありがとうございました!

 

 

心包と表裏関係にある三焦は

 

こちら⇒【臓腑】三焦の働きと関連症状

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6