整体院での検査は誰のため?何のため?

目安時間:約 8分
整体の検査

 

 

施術に入る前に行なう検査、非常に重要ですよね?

 

特に初診の患者さんには、時間をかけてしっかりと検査してくださいね。

 

 

今回は整体院で行う検査は何のために行なうのか?

 

そして誰のために検査を行うのか?

 

 

毎日の施術の中で当然のように行われている検査ですが

 

改めてその重要性について一緒に考えていきましょう!

 

 

検査を行う理由

 

施術前の検査は何のために行なうのか?

 

患者さんの体の状態を把握し

 

どこに痛みの原因があるのかを推測するため。

 

検査の目的は情報収集です。

 

体の情報

 

腰に痛みを抱えた患者さんに対して

 

どのような動作で痛むのか?

 

腰のどの辺りが痛むのか?

 

このような情報がなければ施術方針も立てられません。

 

 

また、問診でも

 

何をしているときに痛むのか?

 

痛みの度合いの経過は?

 

どのような姿勢が楽なのか?

 

このような情報も集める必要があります。

 

 

こうしてみると

 

整体院で患者さんに検査を行う目的は

 

先生の情報収集のためだけにあると思われがちですが

 

実はもっと重要な目的があります。

 

 

検査は患者さんのために行なう

 

もちろん、先生が患者さんの情報を集めるために検査は必要なのですが

 

もうひとつ重要な目的は

 

患者さんに、自分の体の状態に気づいてもらうことなのです。

 

 

今回も「整体院あるある」で解説してみますね(笑)

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

先生と患者さんの対話

 

「腰が痛いんです」

 

「どういう動きで痛むんですか?」

 

「特に動きで痛むわけではありません」

 

 

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

はい!終了~!

 

・・・ではダメです!(笑)

 

問診時のNG

 

ここですぐに施術を始めるのではなくて

 

前後屈、側屈、回旋など、腰の動作確認を必ず行いましょう。

 

 

患者さんに実際に動いてもらって

 

「後ろに反らすと少し痛いかな・・・」

 

などということに気づいていただくのです。

 

 

こうすることで患者さん意識には

 

「自分の腰痛は、反らすと痛みが強くなる」

 

という現状がインプットされます。

 

 

そして施術後の再検査で、後屈痛が軽減していれば

 

「自分の腰痛は施術によって快方に向かっている」

 

と、整体の効果を実感してもらいやすくなるのです。

 

 

ビフォー・アフターを比較する

 

つまり、検査の目的は、先生の情報収集だけではなく

 

患者さんに施術の効果を実感して頂くためにあります。

 

これが検査の重要な意味です。

 

 

検査で、どの動きでも痛みが強く出なければ

 

カルテに「動作時痛なし」と記入して、次の検査を行いましょう。

 

 

検査では、患者さんの動作時痛だけを見るわけではありません。

 

圧痛の度合いや、可動域の広さなど

 

患者さんが「確かに」と感じられるものであれば何でも結構です。

 

 

大切なのは

 

必ずビフォーとアフターを比較するという事。

 

ビフォー・アフターの変化を持ってして

 

患者さんに整体の効果に気づいてもらう事が大事なのです。

 

ビフォー・アフター

 

 

理由付けが大事です

 

そして、もうひとつ大切な事は

 

なぜ、このような検査をするのかという理由です。

 

 

腰痛の患者さんに腰の動作を見せてもらうのであれば

 

患者さんも違和感を覚えないかもしれませんが

 

SLRなど下肢の検査を行う場合は

 

「腰が痛いのに、なんで足なの?」

 

と疑問に思う方もいるかもしれません。

 

 

このような不信感につながらないためにも

 

下肢の筋肉や関節が原因で腰痛を招くことなど

 

患者さんに分かりやすく説明をしてから検査を行う事が大切です。

 

施術の説明

 

 

まとめ

 

では今回のまとめです。

 

整体院で行う検査の目的は

 

患者さんの情報を集める事と

 

患者さんに、体の変化に気づいてもらうこと。

 

そして検査を行う際には

 

なぜこの検査が必要なのかを説明してから行うこと。

 

 

 

いかがでしたか?

 

整体院で検査を行う目的は

 

先生のためだけではなく、患者さんのためなのです。

 

 

施術後の検査のあとにも

 

検査結果からどのような方針で施術を行い

 

どの部分が改善されたので痛みが軽減した、ということまで説明ができればベストですね!
スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

東洋医学の診断【虚と実】

目安時間:約 8分
東洋医学の太極図

 

 

 

東洋医学では、どのように患者さんを診るのか?

 

その指針を表す言葉に「虚」「実」というものがあります。

 

今回は東洋医学の診断法と

 

虚と実とはどのようなものなのかについて学んでいきましょう!

 

 

それではよろしくお願いします!

 

 

東洋医学の診断法

 

現代医学で病気の診断をする際には

 

血液を調べる生化学検査や、CTやMRIなどの画像診断が行われます。

 

一方、東洋医学では

 

四診(ししん)という方法を用いて患者さんの体の状態を把握していきます。

 

 

四診とは文字通り4つの診断法。

 

それぞれ、望診聞診問診切診というものです。

 

 

望診(ぼうしん)

 

患者さんの顔色や皮膚の状態など、目で見て診断する方法。

 

舌の状態を診る舌診はとても有名です。

 

舌

 

また、鼻の下の人中という溝で診断する方法もあります。

 

 

聞診(ぶんしん)

 

患者さんの話す言葉の感じ

 

また呼吸の調子などを耳で聞いて診断します。

 

そして、患者さんの体臭口臭などに注目するのも聞診の領域です。

 

話す言葉

 

 

問診

 

現病歴や既往歴、食欲や排便の状態などを質問

 

そこから診断していく方法。

 

東洋医学では汗の状態や月経の状態なども重要視しています。

 

 

切診

触れる

 

 

触診の事です。

 

実際に患者さんの体に触れ、その状態を把握します。

 

重要なツボが存在する

 

腹部背部前腕下腿に多くの診察点があります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

虚と実

 

東洋医学では、体の変化を(きょ)と(じつ)という二つの言葉で表します。

 

 

虚はエネルギーが不足している状態です。

 

私たちの体が虚の状態になると

 

免疫力が低下してしまい、それによって体の生理機能が正常に働かなくなります。

 

 

一方、実の方はどのような状態かというと

 

ひとつは邪気が亢進している状態。

 

体の中で悪い気が勢力をふるっているような感じです。

 

 

もうひとつの考え方は

 

エネルギーが旺盛で、邪気と十分に戦える状態にあるということ。

 

 

ですが、虚より実の方が良い状態であるわけではありません。

 

私たちにとって健康な状態というのは

 

程よいエネルギーを保ちつつ

 

どのような環境の変化にも対応できる状態です。

 

そのためには虚していてもいけないし、実していてもいけない。

 

バランスが大切という訳ですね!

 

バランス

 

 

虚実に対してどう対応するか?

 

体が虚している状態を「虚証」

 

実している状態を「実証」と表現します。

 

 

これらの状態は

 

もしかしたら病気と言える状態ではないのかもしれません。

 

しかし、東洋医学では

 

未病(みびょう)または治未病(ちみびょう)といいまして

 

病気の症状で苦しむ一歩前の段階に気づいて、それを治療する事を最善の医学と考えます。

 

 

私たちの使命は

 

患者さんの体が虚証の状態にあるのか、または実証の状態なのかにいち早く気づき

 

そのバランスを整えることにあります。

 

 

では、私たち整体師・マッサージ師は

 

患者さんの虚実に対してどのような施術をすればいいのか?

 

 

東洋医学に補瀉(ほしゃ)という考え方があります。

 

補とは文字通り補うこと。

 

瀉とは、過剰になっているものを取り除くという意味です。

 

 

すなわち

 

虚には補法を用い、実には瀉法を施すということになります。

 

 

私たち整体師・マッサージ師に当てはめると

 

補法は優しい圧、瀉法は強めの圧と考えていいと思います。

 

腰のマッサージ

 

 

その代わり

 

ただ圧に強弱をつけるのではなく

 

補う時には補うイメージ

 

瀉する時には取り除くイメージを必ず持って施術をしてください。

 

 

最後に

 

補瀉法は、鍼灸の世界では、その方法論が確立されていますが

 

手技で補瀉法を行おうとする場合、いろいろな方法が試されていいと思います。

 

みなさんも、よくイメージしながらアイデアを絞り出してみると面白いと思います。

 

 

今回お話したように

 

東洋医学の診断法は、現代医学の様に体の内部を見るのではなく

 

体表から体の状態を把握しようというものです。

 

 

私たち整体師・マッサージ師が東洋医学の診断法や治療法を学ぶことで

 

過去に例を見ないような手技療法の世界が広がるのではないかと考えています。

 

 

スポンサーリンク



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

イメージのチカラで施術効果をUP!

目安時間:約 10分
イメージ

 

今回お話する内容は

 

どのようなテクニックを使う先生にとっても

 

とても役に立つお話だと思ってシェアします。

 

 

ただ、眼に見えない「感覚」や「意識」を利用したひとつのアイデアなので

 

そういうのがキライな先生は、すぐにブラウザを閉じてください

 

また別の機会に

 

先生の施術や経営に役立つ情報を発信できるように努力します。

 

 

ただ・・・

 

眼に見えないものの存在を少しでも感じられる(信じられる)先生なら

 

今回の内容は必ず役に立つものになるでしょう。

 

 

よろしいですか?

 

さっそくお話していきますね!

 

 

イメージのチカラ

 

先生は施術をする際に

 

今、自分がどこに対してアプローチしているのかを強く意識していますか?

 

 

マッサージや指圧がメインのテクニックであれば

 

今、刺激を加えている筋肉は何なのか?

 

 

ただ硬結(コリ)を見つけて、そこに刺激を加えてほぐそうと考えるのではなく

 

刺激を加えている筋肉の形状起始部・停止部など

 

まるで先生の眼に見えているような感覚で強く意識(イメージ)しながら施術しています?

 

筋肉のイメージ

 

 

さらに、関節を調整する手技であれば

 

関節面の形状や各々の骨の形状までイメージすること。

 

筋膜を操作したいのであれば、筋膜だけでなく

 

その周囲の筋肉・軟部組織・皮膚などの環境までも意識する。

 

 

そしてしっかりと意識できたら

 

その部位が改善してくるイメージを持つ。

 

 

なぜイメージすることが大切なのかというと

 

強くイメージすることで、現実になるから。

 

逆にイメージできないことは現実には起こらないから。

 

単純な理屈です!

 

 

もっとシンプルに!

 

そうは言っても・・・

 

人体の正確なイメージなんて、そうそうできるものではありませんよね?(笑)

 

毎日オペをする外科のドクターならいざ知らず

 

我々整体師・マッサージ師には、ちょっと厳しすぎる注文です。

 

外科医

 

 

ですので!

 

今回は誰にでもできる簡単なイメージ法をお伝えします!

 

 

イメージ法というか・・・

 

もはやイメージでも何でもないくらいシンプルな方法です!

 

 

シンプルすぎますか?(笑)

 

その方法は

 

患者さんの体に触れる直前に、自分の体に触れる

 

という方法です。

 

 

「はぁぁぁ?」

 

 

って感じですか?(笑)

 

ですよね~(汗)

 

 

でも、この方法を取り入れることで

 

管理人の施術効果は格段に上がりました!

 

ですので今回、みなさんにシェアしようと思ったのです!

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

実際の施術

 

では、具体的にどのような流れで施術するか解説します。

 

 

例えば、左膝に痛みのある患者さん。

 

先生ならどのような施術を試みますか?

 

 

腰~下肢の筋肉をゆるめて・・・

 

股関節、膝関節、足関節を調整して・・・

 

大腿四頭筋の運動療法を入れて・・・

 

 

いろいろなアイデアが浮かんでくると思います。

 

整体師

 

 

患者さんに触れる前に、自分の体に触れるという事は

 

患部(左膝の痛む部位)にアプローチする直前に

 

自分自身の左膝に触れて

 

触れたらその手で

 

まずは患部に触れます。

 

 

そしてそこから

 

先生が普段行っている施術を始めて下さい。

 

 

マッサージでもモビライゼーションでも筋膜リリース法でも

 

どのようなテクニックを使う場合でも同じです。

 

 

患者さんの患部と同じ部位の、自分の体に触れてから施術を始める。

 

 

そして、ここからが本番です。

 

 

自分の体を調整する(イメージ)

 

触れた部分を施術する時は、自分の体を施術するイメージで行ってください。

 

患者さんの左膝を調整しているのだけれど

 

自分の左膝を調整しているイメージで施術をする。

 

ここがポイントです!

 

 

 

 

この理屈に関しては

 

管理人が主催する【CAST】というグループが行っている

 

シェア(セミナー)会場でお伝えしますが

 

最初に同じ部位に触れることで

 

先生の体と患者さんの体の調子を合わせる

 

そんな感覚を持ってもらっていいと思います。

 

 

調子を合わせるとは、シンクロさせるということ。

 

物事はシンクロすると、その境目がなくなるんですね。

 

シンクロ

 

 

「お前、大丈夫か・・・?」

 

という読者さんの声を恐れずに言えば(笑)

 

患者さんの体であろうと先生の体であろうと

 

そんなの関係ねぇ!(古)

 

という状態になるということです。

 

 

まぁ、とにかく!

 

一度試してください!

 

 

人体の面白さ

 

イメージの強力さ

 

いろんなことを実感できるはずです!

 

 

まとめ

 

それでは今回のまとめです。

 

 

先生の手技の効果を高めるためにはイメージの力が必要。

 

患部に触れる前に、患部と同じ自分の部位に触れて

 

その手で患部に触れてから施術を始める。

 

 

この方法で

 

先生の体と患者さんの体がシンクロするので

 

あとは自分の体を調整するイメージで施術をする

 

同調する

 

 

ここまで読んでくれた先生は

 

少なからずとも、眼に見えない世界を感じられる、感覚の敏感な先生だと思います。

 

そんな先生であれば必ず

 

施術の効果に変化を出せると信じています。

 

 
スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

整体院へのクレームの理由は〇〇不足です!

目安時間:約 10分
クレーム

 

 

どのような商売においても

 

クライアントからのクレームを完全にゼロにすることは難しいかもしれません。

 

先生も患者さんからクレームをもらった経験があると思います。

 

そのクレームについて

 

検証と改善は行っていますか?

 

 

「相性が悪かった」

 

の一言で済ませるのではなく

 

なぜクレームになってしまったのか?

 

そのクレームを回避するためにはどうしたらいいのか?

 

ということを考えなければいけません。

 

 

そして、クレームになる原因のほとんどが

 

あることが不足しているがための事なのです。

 

 

その「あること」とは何でしょうか?

 

 

今回の整体師・マッサージ師の独立応援サイトでは考えていきます。

>> 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

整体院でのクロージング【身体感覚優位の患者さん編】

目安時間:約 7分
触れる

 

 

患者さんの優位感覚に合わせた整体院のクロージング。

 

今回は身体感覚優位の患者さんについてです。

 

 

これは個人的な見解なのですが

 

身体感覚が優位な人は、比較的のんびりしたペースで話す傾向があるように思います。

 

自分自身のセンスや感情を大事にしているので

 

会話の内容などが自分にとって心地よいものなのか、内なる自分を確認しながら話をするので

 

ゆったりとしたペースになるのではないかと考えています。

 

 

それでは今回もいってみましょう!

 

 

自分の身体感覚を確かめる時の視線

 

身体感覚優位の患者さんに質問をすると

 

その答えを考えている間の視線は右下に向きます。

 

先生の質問に対して右下を向きながら考える患者さんは

 

身体感覚が優位感覚であると思っていいでしょう。

 

右下の視線

 

 

また、左下へ視線が向かうこともあります。

 

左下へ視線が行く時は、自分自身と対話しているとき。

 

ですので

 

他の感覚が優位な人でも

 

自分自身と向き合っているときは左下を見つめることが多くなります。

 

 

身体感覚優位の人の特徴

 

身体感覚優位な人は、ゆったりとしたペースで話す特徴があると申しましたが

 

その他にも特徴があります。

 

 

他人へのボディタッチが多かったり

 

自分自身の体に触れるようなしぐさも多いのが身体感覚優位の人です。

 

ボディタッチ

 

 

ただ、自分の体に触れるという行為は

 

心理学的には「自己防衛」の意味が合ったり

 

何か不安や心配事がある場合にも現れます。

 

会話の最中に自分の体に触れている患者さんでも

 

それだけで身体感覚優位と決めつけずに

 

整体を受ける事などに何か不安材料があるのかを察してあげましょう。

 

 

会話の中で好んで使うキーワードも、身体感覚を連想させるものです。

 

「肩がガチガチに硬くなってしまって」

 

「地に足が着いていないような感じ」

 

「指先までビーンと響く」

 

 

ユニークな言い回しだと

 

「頚の骨を取り出して洗いたい気分」

 

なんて言う方もいらっしゃいます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

クロージングは体の変化に訴える

 

身体感覚が優位な患者さんは

 

とにかく自分の体に起こることや、体の変化に対して敏感です。

 

つまり、施術の効果を実感してもらえれば

 

次回来院を促すための余計な理屈は必要ありません。

 

 

施術前後の圧痛部位の変化や関節可動域の変化など

 

実際に患者さんに体験してもらってクロージングしましょう。

 

関節可動域

 

例えば、背中が丸まっていた頚の伸展可動域は当然落ちますよね?

 

わざと背中を丸めた姿勢で首を伸展してもらい

 

その後に背筋を伸ばした状態で頚の伸展をもう一度行ってもらって

 

その動きやすさの違いを実感してもらいます。

 

そして

 

「だから常に背筋が伸びている状態を作る必要があるんですよ」

 

というように、患者さんに実感してもらいながら施術の必要性を説明する。

 

 

身体感覚優位の患者さんには

 

患者さんに体験をしてもらいながらクロージングしたり

 

患者さんの体に触れて説明をすると効果的です。

 

 

まとめ

 

それでは今回のまとめです。

 

  • 身体感覚優位の患者さんは、質問に対して右下を見つめながら考える。

 

  • 内的な会話をしているときは左下に視線が向かう(全優位感覚共通)

 

  • 患者さんの体に触れて症状の説明などをする

 

  • 身体感覚優位の人はのんびりペースで話す傾向にある。

 

  • 体の変化を体感してもらえるように実際に動いてもらう。

 

 

 

以上になります。

 

 

ペインスケールを使って痛みの変化を感じてもらう事も

 

身体感覚優位の患者さんが一番効果があります。

 

スケール

 

 

ペインスケールとは痛みの数値化です。

 

痛みの度合いを1~10の数値として認識してもらい

 

施術後に痛みの度合いがどれだけ下がったかを確認していただきます。

 

ペインスケールを使う事で

 

施術を受けたことで痛みが楽になったということを意識してもらうことができます。

 

ペインスケールはすべての患者さんに使うと良いですよ!

 

 

スポンサーリンク



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6