スラスラ書ける!整体院のブログの書き方

目安時間:約 10分
整体院のブログ

 

 

整体院が新規患者さんを集めるために

 

また、既存の患者さんとのコミュニケーションを図るために

 

当サイトではブログを継続して書いていくことをオススメしていました。

 

 

しかし

 

中には「筆が進まない」とお悩みの先生もいるでしょう。

 

 

今回の整体マッサージ師の独立応援サイトでは

 

整体院ブログをスラスラと短時間で仕上げる書き方をご紹介します!

 

 

それでは、みなさん!

 

よろしくお願いします!

 

 

ブログを更新できない理由

 

整体院の先生が、なかなかブログを更新できない理由は・・・

 

  • ブログに書くネタがない

 

  • 忙しくてブログを更新する時間がない

 

  • 書き始めても途中で行き詰ってしまう

 

 

 

おもにこの3つだと思います。

 

今回は、これらの「書けない理由」を

 

ひとつずつ潰していけるようにしましょう!

 

提案する

 

 

ブログに書くネタがない

 

整体マッサージの先生は、基本的に勉強熱心な方がとても多く

 

みなさんたくさんの専門書や読み物系の書籍などで学んでいると思いますので

 

ネタに困るということはまずないかと思います。

 

 

ブログを書くネタがないという先生は

 

月に最低でも3冊の本を読むようにしてみてください。

 

 

体に関する本以外でも構いません。

 

先生の趣味的なものでも、患者さんに情報を発信して

 

「なるほど!面白いな!」

 

と思ってもらえるものなら、どのようなジャンルでもいいと思います。

 

 

必ずしも

 

整体院ブログだから、健康に関することでなければいけないというものでもありません。

 

 

少し頭を柔らかくして

 

いろいろなジャンルに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

チャレンジ

 

ブログを更新する時間の管理

 

忙しくてブログを書く時間がない

 

または

 

ブログを書き始めても途中で行き詰ってしまう

 

これらの問題に関しては

 

上手に時間を管理する事で解決できます。

 

 

ブログというものは

 

テーマがや構成が決まってしまえば

 

30分もあれば更新できてしまいます。

 

1日に30分の時間も取れないという先生は、さすがにいないですよね?

 

 

上手に時間を管理するという事は

 

業務以外のムダな時間を過ごさないという事。

 

スマホで時間つぶしをしたり、マンガを読んだり

 

業務中にテクニック本などを読むことも、あまりおすすめはできません。

 

 

まずは集客!ということに意識を向けて

 

1日30分の時間を確保しましょう。

 

ネットビジネスを学ぶ人

 

 

私のブログの書き方

 

そして

 

ブログを書き始めてみたものの、筆(キーボード)が進まず手が止まってしまうという先生も多いのではないでしょうか?

 

そんな先生に、私なりのブログ書き方をご紹介しますね!

 

 

テーマを決めたら結論から書く

 

文章が苦手な先生の中に

 

1から順を追って書いていかなければいけないと思っている方が多く見られます。

 

でも、その方法だと

 

書いている途中でテーマがブレてしまう事があります。

 

「あれ?なにが言いたいんだっけ?」なんてね。

 

そのような事を防ぐためにも

 

まず最初にテーマとなるタイトルを決めて

 

ブログの1番最後に書くべき結論から書き始めるといいですよ!

 

 

スポンサーリンク



 

 

中見出しを作る

 

テーマが決まって結論を先に書いたら

 

小説の各章の見出しのような「中見出し」を設定しましょう。

 

ブログのタイトルが大見出しで

 

そのあとに2~3つ程度の中見出しを設定してタイトルを付けることで

 

長文を書く必要がなくなります!

 

 

例えば、次のような構成はいかがでしょう?

 

 

 

【タイトル】腰痛を改善するためのおすすめストレッチ!

 

(ここにブログの概要を書きます)

 

 

【中見出し1】そもそも腰痛の原因は?

 

(腰痛の原因について書きます)

 

【中見出し2】原因となる筋肉を伸ばす

 

(ここで専門的な筋肉の話)

 

【中見出し3】当院のおすすめ!腰痛改善ストレッチ!

 

(実際のストレッチの方法を書きます)

 

ここが今回のブログで1番言いたい事。

必ず最初に書きましょう!

 

【中見出し4】まとめ

 

(今回の記事を簡潔にまとめて〆ます)

 

 

 

 

我流ではありますが

 

私はこの書き方を採用するようになってから

 

大幅に時間の短縮ができるようになりました!

 

 

最後に

 

ブログを書くことに時間がかかりすぎてしまう原因のひとつに

 

完璧を求めてしまう」というものがあります。

 

 

最初から良い文章を目指そうとすると

 

記事の更新中に何度も手が止まってしまい、とても時間がかかります。

 

 

整体院ブログを更新する目的は

 

美しい文章を書く事ではなく

 

たくさんの人に整体院を知ってもらうことです!

 

 

そのために必要なのが記事数なんですね。

 

先生のブログの記事数が増えることで

 

インターネットで検索した際に、上位に表示されやすくなります。

 

Googleで検索

 

 

整体院ブログを更新する本当の意味を理解して

 

たくさんの人に先生の整体院を知ってもらいましょう!

 

関連記事⇒ブログで広告収入を得る方法

 

スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

整体・マッサージ院における患者教育の重要性

目安時間:約 8分
患者教育

 

 

今回の整体マッサージ師の独立応援サイトのテーマは

 

患者教育」です。

 

 

患者教育なんて言葉を聞くと

 

なんかちょっと偉そうな感じというか・・・

 

かなり上から目線というか・・・

 

あまり良いイメージを持たない先生も多いかと思います。

 

 

患者さんを教育すると言っても

 

洗脳したり、言いなりにしたりという意味ではありません。

 

 

患者教育

 

患者さん自身にとってもメリットとなることなので

 

ぜひ最後までお付き合いくださいね!

 

 

患者教育とは?

 

整体マッサージ院における患者教育とは

 

患者さんのツラい症状を改善させるためには、整体マッサージの施術が必要だと理解していただく事。

 

また

 

整体マッサージの施術効果は、1回だけでは完璧に現れないという事を知ってもらう事などです。

 

 

先生も経験がありませんか?

 

「あと3回通ってくれたら楽になるのに」とか

 

「こんなに強く圧したら体に悪いのに」なんてこと。

 

 

これって

 

患者さんの認識不足と、先生の説明不足が原因なんですよね。

 

患者さんのニーズ

 

 

患者さんが持つ整体・マッサージのイメージって

 

1回の施術ですごく楽になるとか

 

強い刺激で圧されないと効果がないとか

 

バキバキされないと歪みがとれないとか・・・

 

そんな風に考えている方がすごく多いので

 

「いやいや、そうじゃなくてね・・・」

 

っていうことを伝えて上げる事が患者教育なんです。

 

 

つまり患者教育

 

患者さんの体のためにもなって

 

先生との信頼関係を築くための重要なものなんです!

 

 

スポンサーリンク



 

 

肝心なのは理由です。

 

 

では、どのようにして患者さんを教育していくか?

 

まずは先生の整体マッサージ院の特色を伝えるようにしましょう!

 

 

「うちは強い刺激は入れませんよ」とか

 

「患部以外の部位から施術しますよ」とか

 

「バキバキ鳴らすようなことはしません」とかね。

 

 

肝心なのは

 

なぜそのようなことはしないのか(するのか)という理由です。

 

先生なりの持論で構わないので、患者さんが納得するような説明が必要になります。

 

 

さらに

 

一般的な整体マッサージ効果の現れ方なども説明しましょう。

 

好転反応に関することや、1回の施術で完全に痛みが取れないこともあるということ。

 

そして、何度か通院を継続することや、予防のために定期的なケアが必要な事など

 

これらの事柄に関しても

 

「なぜそうなのか」という理由患者さんに分かりやすく説明していきましょうね!

 

理由を伝える

 

 

 

説明が苦手な先生は

 

これらの説明を、たとえ話などを引用して上手に話せる先生もいれば

 

説明する事に自信のない先生、苦手な先生もいることでしょう。

 

 

そのような先生でも

 

上手に患者さんを教育できる方法があります!

 

その方法は

 

待合室や施術室にPOPを貼るんです。

 

アンケートの内容

 

 

今まで解説した事柄に関して

 

パソコンを使って文章にして

 

患者さんの目につきやすい場所に貼ったり置いたりして

 

直接的なやりとりをせずに患者教育をしていきましょう!

 

 

パソコンが不得意だという先生は、手書きでもいいと思いますよ!

 

住宅地などで独立・開業している先生なら

 

逆に手書きの方が、先生のキャラクターが際立って良いかもしれません。

 

 

最後に

 

私は特に説明が苦手だというわけではありませんが

 

説明書きをクリアファイルに綴じて

 

初診の患者さんにそれを見てもらいながら説明をします。

 

そして

 

その内容に納得いただけた患者さんだけ、施術を受けてもらいうようにしています。

 

初対面の挨拶

 

 

今回お話した患者教育のための説明を実践するようになってから

 

患者さんとの関係性も深くなり

 

リピート率や売り上げ自体もアップしました。

 

 

みなさんもぜひ、試してみて下さい!

 

 

それでは今回は以上になります!

 

最後までありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

各臓腑の働きと関連する症状【膀胱】

目安時間:約 5分
東洋医学の太極図

 

 

東洋医学、臓腑解説シリーズ。

 

今回は膀胱についてです。

 

よろしくお願いします!

 

 

膀胱は津液を蔵す

 

膀胱は表裏関係にある腎の管理の基に、尿を貯蔵しています。

 

そして、腎とともに

 

排尿量などの調整をします。

 

膀胱の働きは「津液を蔵す」こと。

 

津液とは体内にとって有益な水分の事で

 

陽気によって常に温められています。

 

陽気が衰え津液が冷えてしまうと

 

津液の循環が悪くなってしまいます。

 

 

膀胱に関係する症状

 

膀胱の機能が低下してしまうと

 

尿に関する症状が現れます。

 

排尿困難失禁遺尿頻尿などが膀胱に関する症状です。

 

排尿

 

遺尿とは、いわゆる「おねしょ」のことですね。

 

おねしょというと、子供にしか関係ないと思いがちですが

 

膀胱の衰えによって、成人にも十分に起こりえます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

膀胱と腎の関係

 

膀胱と腎は表裏関係にあります。

 

腎が陰で膀胱が陽に属します。

 

 

腎で作られた尿は膀胱に送られ

 

その尿を膀胱は一時貯蔵して体外に排泄します。

 

 

腎に関しては

 

こちらへ⇒【臓腑】腎の働きと関連症状

 

 

なじみの深い膀胱系

 

みなさんが臨床上で必ずと言っていいほど刺激を入れるポイント

 

脊柱起立筋下肢の正中線膀胱系のラインに属します。

 

それくらい、膀胱系の経穴は重要であると言えるんです。

 

特に肩甲間部~背部~腰部には

 

各経絡の重要な経穴が属しています。

 

兪穴

 

このラインに見られる筋緊張などにトラブルは

 

各臓器の状態を現わしている事が多いので

 

十分意識して触診していきましょう。

 

 

最後に

 

先ほどお話した膀胱系に属する重要な経穴は

 

兪穴(ゆけつ)と呼ばれるものです。

 

背部や腰部にある兪穴には

 

各臓腑の名前がついています。

 

肝兪脾兪大腸兪などがそれです。

 

 

ツボの位置や名前を、全て暗記する必要はありませんが

 

これらの兪穴に関しては、位置や名前を覚えておいた方が役に立ちます。

 

 

そんなに数も多くないので

 

意外とすんなり暗記できると思いますよ!

 

 

それでは今回は以上です!

 

どうもありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

理想の整体・マッサージ師になる方法

目安時間:約 8分
理想

 

 

あなたは自分自身の成長速度満足していますか?

 

ひとりの人間として

 

整体・マッサージ師として

 

順調にステップアップできていますか?

 

 

もし成長が停滞しているとしたら

 

あなたの頭の中に

 

成長をブロックする何かがある可能性があります。

 

 

今回の整体マッサージ師の独立応援サイトでは

 

あなたの成長を促して

 

理想とする整体マッサージ師になるための方法についてです!

 

 

今回もよろしくお願いします!

 

 

理想となる先生の真似をする

 

あなたが理想とする整体マッサージ師になる一番の近道は

 

理想とする先生の真似をすることです。

 

その先生の口ぶり、仕草、表情など

 

完全コピーをするくらいの勢いで真似をしてください!

 

これって、すごく効果が高いですよ!

 

 

私は今でこそ

 

施術の組み立てもコミュニケーション面でもオリジナルなものですが

 

昔は尊敬する院長の真似をしたものです。

 

 

真似をするという事は、その先生になりきるということ。

 

すごい先生になりきるだけで、施術の効果もリピート率も格段に変わるから不思議です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

近くに理想像がいない場合は

 

ただ

 

身近に理想となる先生がいない人も多くいるでしょう。

 

その場合は

 

あなたが目標とする先生像をノートに書き出してください。

 

できるだけ細かくです!

 

 

例えば

 

髪型は俳優の〇〇さんのような、すっきりとした短髪で

 

いつも自身に満ち溢れた笑顔

 

患者さんには優しく、時に厳しく生活指導をして

 

週に1度、後輩たちを連れて食事に行って

 

休日は家族と映画を観に行って

 

膝関節の施術が得意で

 

「いいですね~!」が口癖

 

・・・

 

・・・

 

などなど、いくらでも出てくると思います。

 

 

ノートに書き出したこれらの項目を、役者になったように全てを演じることで

 

昨日までのあなたとはまるで別人の先生になるでしょう!

 

アンケートの内容

 

 

なぜ、そのようなことが可能なのか?

 

「そんなに簡単に変われるかなぁ・・・」

 

そんな風に疑って考えることも当然です。

 

 

ただ、これらの事を実践する事で

 

患者さんからの見られ方が変わるんです。

 

つまり、あなたのイメージが変わるという事。

 

 

人間は他人からの見られ方次第で、いくらでも変化してしまうのです。

 

他人から「かわいそうな人」と思われている人は

 

本当にかわいそうな人になってしまいますし

 

優しくて頼りがいのある人だと思われれば

 

そのような人間になっていきます。

 

 

そして、とっておきの方法

 

もうひとつ

 

脳をだまして理想の先生になる方法があります!

 

脳をだましてみる

 

 

脳をだますというと、ちょっと聞こえが悪いですね。

 

でも、私たちの脳は、実に簡単にだまされてしまうんですよ!

 

 

アファメーションという方法があります。

 

どのような方法かというと

 

理想なるあなたの先生像に、あたかもなったように宣言するのです。

 

 

例えば

 

「私は患者さんを健康へと導くことができます」とか

 

「患者さんはみな、私の施術を必要としている」とか。

 

 

「私が触れれば、たちどころに患者さんの痛みは消えてしまう」

 

なんて宣言するのも素晴らしいですね!

 

 

このように宣言する事をアファメーションといい

 

アファメーションを1日5分、毎日繰り返すことで

 

あなたは一歩一歩、理想とする先生像に近づいていきます。

 

 

このアファメーションは

 

トップアスリートなども使っている手法なので

 

ぜひ試してみて下さい!

 

アファメーションする

 

 

最後に

 

先ほど「脳をだます」と表現しましたが

 

その言葉にしっくりと来ない場合は

 

「脳に新しい自分をインストールする」と考えて下さい。

 

 

古いバージョンのあなたはもう終わりです!

 

新しいバージョンのあなたを古いバージョンの上からインストールして

 

自信に満ち溢れた整体マッサージ師になりましょう!

 

 

今回は以上です!

 

最後までありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

各臓腑の働きと関連する症状【腎】

目安時間:約 8分
東洋医学の太極図

 

いつも整体マッサージ師の独立応援サイトにご訪問いただき

 

本当にありがとうございます!

 

 

今回も東洋医学・臓腑働きと関連症状です!

 

今回お話する臓腑です。

 

最後までよろしくお願いします!

 

 

根気と忍耐は腎によるもの

 

が精神面に働きかける作用として

 

根気忍耐力を形成するというものがあります。

 

腎の調子が悪くなると

 

じっと耐えることができなくなったり

 

ひとつのことを継続するための根気がなくなってしまいます。

 

 

また

 

腎は原気(げんき)を作ります。

 

元気ではなく原気です。

 

原気とは、気の一種で

 

生命を維持するために作用する、とても重要な役割を持つものです。

 

腎の生命維持機能

 

 

腎の働き

 

現代医学での臓は

 

水分代謝に関与したり、血圧などに関係するホルモンを分泌したりといった働きがあります。

 

 

それに対して東洋医学での働きはどういうものか?

 

もちろん水分代謝という仕事もあるのですが

 

その他にも数多くの仕事を、腎は受け持っています。

 

 

ひとつは「精を蔵す」というもの。

 

精とは

 

成長・発育・生殖などの活動に必要とされるエネルギーです。

 

私たちは産まれてくる時に

 

両親から先天の精というものを授かります。

 

親からもらった生命エネルギーとでもいったとことでしょうか。

 

ただ、この先天の精は

 

1日1日を生きることで、少しずつ減っていきます。

 

減っていく先天の精を補うものを後天の精といい

 

食べ物や飲み物の栄養素をさします。

 

精を蔵すとは、この精を蓄えておく意味ですね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

その他の腎に関連する臓器

 

その他にも

 

中枢神経である脊髄

 

血液成分を作る骨髄を管理するのもの仕事。

 

 

また

 

二陰に連結するとされています。

 

二陰とは

 

外生殖器肛門という意味です。

 

の調子が、耳や肛門、外生殖器に現れるということなんですね。

 

 

奇恒の腑を蔵す

 

奇恒の腑

(きこうのふ)とは、すなわち

 

脳、髄、骨、脈、胆、女子胞の6つのこと。

 

これらは

 

形状は腑に似ているが、機能的には臓に近いという特殊なものなので

 

臓にも腑にも属さない奇恒の腑と呼ばれています。

 

この6つの機能を調整するのも腎の働きなんです。

 

 

ちなみに女子胞(じょしほう)とは、女性の生殖器系のことです。

 

 

肝の状態と関連する症状

 

これらの腎が持つ働きが衰えることで

 

以下のような症状が現れます。

 

 

精の衰えによる症状

 

  • 不妊症

 

  • 精液の減少

 

  • 遺精

 

  • 発育不良

 

 

*遺精・・・性行為や自慰行為と関係なく精液が漏れてしまうこと

 

 

不妊症

 

 

水分代謝に関する症状

 

  • 水腫

 

  • 浮腫

 

 

 

 

耳に関する症状

 

  • 耳鳴り

 

  • 耳が聞こえづらい

 

 

 

二陰に関する症状

 

  • 大便や小便に関する異常

 

  • ED(インポテンツ)

 

  • 早漏

 

 

インポテンツ

 

 

 

脳や骨髄に関する症状

 

  • 物忘れ

 

  • 動作が遅くなる

 

  • めまい

 

  • 歯が緩くなる

 

物忘れ

 

 

 

 

最後に

 

今回お話した働き以外に

 

には命門の火を保持するという働きがあります。

 

命門の火とは

 

読んで字のごとく、命を燃やし続ける火のようなもので

 

生命維持の基本となるものです。

 

 

今回、働きについて見ていきましたが

 

は人間の成長や発育、生殖や生命維持などの

 

非常に重要な役割を持っていることがお分りになりましたでしょうか?

 

 

と表裏関係にある膀胱については

 

こちらの記事で⇒【臓腑】膀胱の働きと関連する症状

 

 

 

 

今回も最後までありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
1 2 3 6
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6