なぜ病気になるのか?【気・血・津液】

目安時間:約 6分
体調を崩した

 

人はなぜ、体調を崩したり病気を患ったりしてしまうのでしょう?

その成り立ちを知るためには

〇気

〇血
〇津液

 

という存在を学ぶ必要があります。

 

気と血は、みなさん聞いたことがありますよね?

 

東洋医学を始めて勉強される方にとって、津液という言葉は初めて耳にする言葉かもしれません。

 

今回は
気・血・津液とはどういうものなのか?
気・血・津液がどのように体に影響するのか?

 

基本的なお話をさせていただきます!

 

 

病は気から

 

東洋医学では、人間が病気になる主な原因が大きく分けてふたつあると考えられています。

 

それが・・・

 

〇内的要因
〇外的要因

 

と呼ばれるものです。

 

それぞれ、どのようなものなのか見ていきましょう!

 

 

内的要因

 

喜怒哀楽などの感情的な原因。
人間関係の悩みやストレス、ユウウツ感も内的要因となります。

 

外的要因

 

温度や湿度、季節ごとの気候など。
口にする食べ物や飲み物、体内に入ってくる細菌やウィルスなども大ざっぱに分類すれば外的な要因です。

 

私たちの気力や精神力、生命力などが充実している時であれば、内的要因も外的要因もはじき返すことができます。

 

しかし、気力・精神力・生命力などが弱っているときにこれらの要因の影響を受けてしまうと、人は病気になってしまいます。

 

これが「病は気から」という意味なんです!

 

東洋医学に気鬱(きうつ)という言葉があります。
そして、この気鬱こそが万病の元と考えられています。

 

現代の言葉で言うと、気鬱は「ストレス」のこと。
まさにストレスこそが万病の元というわけです。

 

はるか昔にこのような事が考えられていたなんて、すごくないですか!?

 

 

スポンサーリンク



 

 

血(けつ)と津液(しんえき)

 

「血」とは文字通り血液のことを指します。
一方、「津液」は血液以外の水分。つまり「体液」と言ってもいいでしょう。

 

血や津液は私たちが食べたり飲んだりしたものの栄養素を材料にして作られます。
そして血や津液は、肝臓、胃腸、腎臓など、体内の全ての臓器の栄養となるんです。

 

先ほどお話した「気」というものも、常に全身を循環しているのですが、何かの原因で気の流れが悪くなったり滞ってしまうと、血や津液の流れまで悪くなってしまいます。
そうなると全身の臓器に栄養が行きわたらなくなり、内臓の不調につながります。

 

血の流れが滞ってしまった時に発生する悪い物質を瘀血(おけつ)といい、この瘀血は肩や腰のコリ、関節の痛みなどを起こすとされています。

 

 

東洋医学的な【炎症】

病気

 

また、気が正常に流れなくなってしまうと、体内に熱が発生するんです。
この熱がさらに悪化すると「火」となります。

 

東洋医学で火とは「炎症」のこと。

 

この火によって血がダメージを受けてしまうと、出血が起こります。

 

鼻血や便に血が混じるなどの症状は、血が火によって壊されてしまう事が原因なんです。

 

では、津液が火にやられてしまうとどうなるか?

 

津液は体液なので、火によって乾いてしまいます。
すると、おしっこの量が極端に減ったり、便秘になったり、喉が異常に乾くなどの症状として現れるんです。

 

 

最後に

 

今回お話した、【気・血・津液】というものはとても重要です。
これらのイメージをしっかりと理解する事で、患者さんの体に何が起こっているのかを知るヒントとなります。

 

東洋医学を学ぶ上で基本的な存在なので、少しずつ理解を深めていきましょうね!

 

 

スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

整体院・サロンのホームページを無料で作ろう!

目安時間:約 13分
ホームページ

 

 

集客のための媒体っていろいろなものがありますよね。

 

チラシ
タウンページ
看板
タウン誌
・・・
・・・

 

これらの媒体は、ターゲットや土地柄などでうまく選択する必要がありますが、どのような地域でもどんなターゲットでも効果を出してくれるのがホームページです!

 

オープンから立派なホームページを立ち上げられたらそれがベストなんですが、ひとりセラピストの懐事情を考えると・・・

 

そんなわけで今回は
自作ホームページのススメです!

 

 

ホームページの重要性

 

現代ではどのような商売をする上でもホームページの存在は非常に重要です。

 

もし、あなたがどこかのお店を探す時に、そのお店の名前がインターネット検索で全くひっかからなかったら、そのお店、ちょっと心配になりませんか?

 

どのようなサービスを提供するお店でも、今はホームページがあって当たり前。
逆にホームページがないと、少し不信感を感じてしまいますよね?

 

これから整体院・サロンを開業しようとしているあなたは、必ずホームページを立ち上げて下さい!

 

「うちはそんなに派手にやるつもりは・・・」

 

マイペースで仕事をしたい。
それもわかります。

 

でもね、何度でも言います!

 

ホームページは絶対に作ってください!

 

 

スポンサーリンク



 

 

どうやってホームページを作るか?

 

インターネットやパソコンは苦手だ・・・

 

そのような先生もたくさんいらっしゃるんじゃないですか?

 

整体業界に入ってくる方ってどうしても職人気質な方が多いので、
「パソコンなんかできなくたって、腕一本で食っていけるさ!」
っていう考えの方がほとんどです。

 

あなたが晴れて自分の城を持ったとき、たくさんの業者から営業電話がかかってきます。
特にオープンしたての時期は、もうひっきりなしに電話が鳴ります。
その業者のほとんどが、ホームページの作成などの「インターネット関連」の業者です。
個人的な見解なんですが、このような現象って、われわれ整体セラピストがパソコンに関して無知だろうとナメられてる証拠だと思うんです。
もちろん有益なサービスを提供している業者もあるんですが、ほとんどの業者が・・・

 

斎藤一人さんが、こんなことを言っています。

 

「向こうから売り込んでくるもので、こちらに必要なものなんかないんだよ」ってね。

 

パソコンやインターネットが大の苦手で、軍資金に余裕があるって場合なら
ホームページの作成を業者に任せていいと思います。
やっぱりプロの作るものは完成度が違いますからねぇ!

 

でも、そのような場合でも、必ずご自身で業者探しをしてくださいね!
身近に開業してる仲間がいれば、ぜひその人に紹介してもらいましょう!

 

営業電話は・・・体よく断りましょうね。

 

(ワタシ、イゼンニ、ダマサレタケイケンガアルモノデ・・・)

 

 

では・・・
ホームページを業者に委託する資金も無い場合は・・・

 

私がおすすめするのは、
「ぜひ自分でホームページを作ってみてください!」
ということ。

 

パソコンもインターネットも大好き!って方なら苦にならないでしょうが、
いざ自分で作ってみようと考えると、なかなか大変そうですよね・・・?

 

でもね!
ホームページを自作する事にもメリットがあるんですよ!

 

 

無料HPのメリット

 

最大のメリットは、お金がかからないということなんですが、ホームページを自作する事で得られるものもあります。

 

無料で作ることに、どのようなメリットがあるのか・・・?

 

すぐに見直せる

 

ホームページを業者に作ってもらったけど、反応がイマイチ。
もしかしたら、ここの文章が悪いのかな・・・?
ここにサロン内の写真を入れた方がいいかな・・・?

 

こういうことって結構あります。

 

こんな時、自作したものなら自分ですぐに修正ができます!

 

業者に修正をお願いすると、状況によっては日数がかかったり費用がかかったりする場合もあるので、
瞬発的に対応する事が難しくなります。

 

パソコンのスキルが身につく

 

今の時代、何をするにもパソコンやネットの作業がからんできます。
業務日報を作ったり
売り上げ管理をしたり
院内のPOPを作ったり
ニュースレターやメールマガジンを発行したり

 

どれも手作業で不可能なことはないんですが、やっぱり手間が圧倒的に違います。

 

空き時間を有効に利用するためにも、ネットやパソコンのスキルが豊富なほうがいいですね。

 

経験を販売できる

 

今は「情報が売れる」時代です。
仲間に尋ねても本を読んでも解からないことがたくさんあるこの時代。
特に専門分野の情報となると、いい書籍がAmazonでも見つからないことがあります。

 

そのように困ったり悩んだりしている後輩たちのためにも、あなたが経験したことをすべて公開してみてはどうでしょう?

 

本を出版するなんておおげさなことではないんです。

 

今はこのような専門的な情報やなかなか手に入らない情報を販売しているサイトがたくさんあります。
いずれ、あなたが得たノウハウを販売する事も視野に入れて、思い切ってパソコンの勉強をしてみませんか?

 

アフィリエイトとからめられる

 

アフィリエイトとは「広告収入」のことです。
みなさんがホームページを閲覧しているときに、文章のまわりに広告を見かけますよね?

 

自分のホームページに広告バナーを貼り付けて、そこから購入に至った場合には広告主から「報酬」が支払われます。
一種の紹介料みたいなもんですかね。
このシステムをアフィリエイトというんです。

 

このアフィリエイトは副業としては素晴らしいシステムです!
もちろん、私も実践してます(笑)
ホームページを更新するたびに広告数が増えていくので、そのぶん収入も増えていきます。
こういった副産物を得るためにも、ご自身でホームページを作成・管理することをオススメしています!

 

無料でHPを作る

 

まず、何から始めるか?

 

どうでしょう?
パソコンやネットを毛嫌いしていたあなたも、ちょっとだけ自分で作ってみたくなってきませんか?

 

ここからは
「よし!自分で作ってみよう!」
そう決心した先生だけ読み進めてくださいね!

 

「いやぁ、ムリムリ・・・」
って方は、別のカテゴリーの記事に移動して下さい!

 

よろしいですか?

 

 

自分でホームページを作りにチャレンジしてみようと決意した先生!

 

まずは何から始めたらいいか・・・?

 

私がオススメする手順を解説します!

 

・・・と、その前に
あなたの整体院・サロンのターゲットやコンセプトは決まってますか?
まだという先生は
こちら⇒治療院・サロンにおける戦略と戦術
の記事から読んで、ぜひあなたの院の戦略を決めてくださいね!

 

それではいきましょう!

 

 

無料でホームページを作れるサイトに登録する。

 

あなたのホームページ上の本拠地となるサイトを作ります。
まずは細かいところを気にする必要はないので、登録だけ済ませちゃいましょ!

 

優良なサービスで有名なのが

 

〇webnode
〇jimdo
〇wix

 

この3つのサービスになります。

 

どのサービスも評判がいいので、どれを利用していただいても問題ありませんが、個人的にオススメするのが「wix」です。

 

私の院のホームページもwixで作りましたので、何か不明な事はメールでサポートできると思いますよ!

 

各サービスのサンプルサイトをリンクしておきますね!
クリックして見比べてください!

 

■webnodeのサンプルサイト
■jindoのサンプルサイト
■wixのサンプルサイト

 

ブログサービスに登録する

 

次はブログを設置しましょう!
上記の無料サービスでもブログは作れるんですが、別のブログとリンク(連携)させることで検索で上位に上がってきますので、ぜひ無料ブログも登録しておいてください。

 

オススメは・・・

 

〇アメブロ
〇FC2ブログ
〇シーサーブログ

 

アメブロは利用者数がハンパないです!
露出を増やす事に集中するのであればアメブロで間違いないでしょう。

 

ただ・・・
先ほどお話したアフィリエイトなんですが、
原則、アメブロはアフィリエイト禁止です。

 

先々、アフィリエイトで副収入も狙いたいという方は、FC2かシーサーに登録して下さい。

 

 

関連記事⇒ブログを更新し続けることの重要性

 

 

 

SNSに登録する

 

〇Twitter
〇Facebook

 

SNSでこの二つは登録しておきましょう!

 

SNSの良いところは、ブログのように長文でなくて手間がかからないというところですね。

 

また、SNSとホームページをリンクさせることで、SNSからの集客も見込めます!

 

ツイッターに関してはアフィリエイトで利用しているユーザーもたくさんいます。

 

ちなみにフェイスブックは「商用利用」は禁止となっています。
フェイスブックであなたの院を紹介したい場合は、Facebookページというサービスにも登録する必要がありますが、現時点ではまだいいでしょう。

 

 

最後に

 

今回ご紹介した無料サービスは、最初から一気に構築する必要は一切ありません。
今の段階ではサービスを利用できるために登録する(アカウントを取る)だけで構いません。

 

最初からすべて完璧にこなそうとすると、必ず挫折します(笑)
必ずです!

 

あとは少しずつ、このサイトの案内に従って進めていただければいいと思います。

 

 

スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

とにかく最初は集客!その費用対効果を考えよう!

目安時間:約 6分
オープン

 

 

整体院・サロンを経営するにあたって、
技術やコミュニケーション術も非常に大切です。

 

でも、何より1番大切なのが「集客」です。
まずは患者さんが来なければ、今まであなたが一生懸命に学んだ技術も出番なしですし、
せっかく頑張って独立したのに長続きできなかった・・・ということにもなりかねません。

 

今回は集客に関する「費用対効果」というものについて考えていきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク



 

 

集客しなきゃ始まらない

 

さて!
あなたの整体院・サロンのターゲットとなる人物像は決まりましたか?
まだ決まっていなければ、すぐにでも決定してくださいね!

 

ターゲットが決まれば、次にやることは・・・
そう!集客です!

 

先生がどんなに無敵のテクニックを持っていても、
どんなに魅力的なコミュニケーション術を持っていたとしても、
新規の患者さんが先生の院に来なければ、明日のご飯も食べられません。

 

特にオープンしたての整体院・サロンであるならばなおさら!
新規の患者さんが来なければ、1円の収益にもならないんですから。

 

そんなわけで
とにかく!集客に全力を注ぐように心がけてください。

 

笑顔で励ます女性

 

費用対効果とは?

 

費用対効果という言葉をご存知ですか?

 

集客に対する費用対効果とは・・・
広告にかけた費用に対して、どれくらいの収益が見込めるかということ。
つまり
安い広告費でたくさんの患者さんに来院してもらえたら、その広告の費用対効果が高いという事になります。

 

ひとり整体師・セラピストのサロンだと、なかなか広告費にお金をかけられないのも現実。
もちろん、無料で広告できる媒体もたくさんあります。

 

  • アメブロなどの無料ブログで宣伝する
  • 無料のホームページサービスを利用する
  • ツイッターなどのSNSサービスを使う

 

 

このように、お金を1円もかけずにできるものは、使わない手はありません!
ぜひ積極的に利用していきましょう!

 

しかし、やはり無料の媒体には限界があります。
そこで検討していただきたいのが費用対効果です。

 

例えお金をかけて広告を打ち出しても、元が取れればそれでオッケーなんです。
お金をかけた以上の収益が得られたか?
そこが重要です。

 

考え方としては・・・

 

先生の施術料金が1回5000円だとします。
広告費で30000円を使ったとすれば、
30000÷5000=6となるので
その広告を見て来院した方が7人目からが収益となります。

 

そして・・・
例え3人しか新規の患者さんが来なかったとしても、その3人の方がもう1回ずつリピートしてくれたら。
このようなケースでも、広告費はペイできますね。

 

つまり、集客にかける金額が高いか安いかタダなのかという事に目を向けるのではなくて、
重要なのはこの費用対効果を計測するということなんです!

 

 

常にトライ&エラーを繰り返す

 

ホームページやチラシなどで広告を打ったのなら
その後は常に見直していくことが大切です。

 

患者さんの反応を見て、費用対効果が悪いと判断したのなら、広告をリニューアルしてみる。
そしてまた反応を見る。
このような作業を繰り返すことで、先生の院のカラーや、その土地の特色にぴったりとマッチした広告が完成します。

 

エクセルなどを使って集計を取り、新規来院数の推移を眺めてみて下さい。

 

整体師・セラピストのお仕事は患者さんに施術をすることですが、独立開業して自分の整体院・サロンを持った後は経営者と言う立場にもなります。
経営は数値に表してデータ化するという作業が大切なんです。

 

私の運営するサロンでは、有料無料どちらの媒体も幅広く利用しています。
「Wix」というホームページサービスの無料プランでホームページを自作したり、
チラシも定期的に作り直してポスティングしています。

 

ネットで集客をする場合面白いのが、多くの媒体を利用してそれをリンクさせることで、検索結果が少しずつ上に上がっていくんです。
たくさんの方に存在を知ってもらうためには、なるべく多くのサービスに登録するのが良いでしょう!

 

これから開業するみなさんはそのようなことも考えながら、開業前にあらかじめシュミレートしておくといいでしょう。

 

 

スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

【陰陽論】全ての物事を陰と陽に分ける

目安時間:約 6分
陰陽を現す太極図

 

 

こちらもお読みください。

 

上記の記事で、「陰陽五行説」について簡単にお話しました。
これは補足なんですが、「陰陽五行説」というものは正確には、「陰陽論」と「五行説」という二つの学説を合わせたもののいいかたなんですね。

 

陰陽五行説をもう少し理解していただくために、今回はまず「陰陽論」について解かりやすく解説したいと思います!

 

それでは、よろしくお願いします!

 

 

スポンサーリンク



 

 

陰陽、それぞれの特色

 

「陰陽論」は世の中の有象無象、全ての事柄を陰と陽に分けて、人間の体や私たちが生きる世界、さらに宇宙について考えていくというものです。

 

私たちの身近にあるもの、眼に見える見えないを問わず、全ては陰のグループか陽のグループに属しています。

 

いくつかの例を挙げてみましょう。

 

例えば、【男性】は陽のグループに属し、【女性】は陰のグループです。

 

人間の体も上半身は陽で下半身は陰。

 

天気では雨が陰で晴れが陽。

 

静かで動かないものは陰、活発に活動するものは陽。

 

なんとなくイメージつきますか?

 

ここでひとつ間違えて欲しくないことは、陰と陽のどちらが正しくてどちらが間違えているかとか、
どちらが大切でどちらが不要かとか、そのような考え方をしてはいけないということです。

 

上の例でのイメージはもしかしたら、
陰は地味で暗くて、陽の方が健康的だから陽の方が重要なんじゃないかと思う方もいるかもしれません。

 

しかし、そのような分類のしかたではないんですね。

 

あくまでも、陰があるから陽がある。
どちらが欠けてもバランスを崩してしまい、そのもの自体が存在しなくなってしまいます。
私たち整体セラピストにとって重要なのは、このバランスです。

 

みなさんも「自律神経」のバランスについて患者さんにお話をする機会が過去に何度もあったと思います。
交感神経と副交感神経はバランスが大切です。
陰陽に関しても同じようなイメージでいいでしょう。

 

体を冷やすことは良くないことだけど、熱発したり熱中症の時には冷やしますよね?
要は、「過ぎてはいけない」ということ。まさにバランスです!

 

ちなみに自律神経に関しては
交感神経系が陽
副交感神経系が陰
というように考えられています。

 

 

日常生活で感じる陰と陽

 

陰陽について理解を深めるために、一日の生活の中で起こる出来事や触れるものに対して、それが陰なのか陽なのかイメージするクセをつけると良いでしょう!

 

東の空に朝日が昇ったら、この出来事は陽かな?とか。
寝坊して駅までダッシュして暑くなったら、体の陽が強くなりすぎて冷たい飲み物(陰)で調和させようとか。
仕事のミスで落ち込んでる自分は、いま陰の精神状態なのかな?とか。

 

いろいろ当てはめてみると楽しいですし、なにより、陰陽という概念が体に染みつきます。

 

そして、この作業に慣れてくると、患者さんの症状を聞いただけで、陰が強くなりすぎてるとか陽がたりなくなってるとか、面白いようにイメージが湧いてきます!

 

日常生活の中であなたが体験する事、目に映るものなど、すべてを陰と陽のカテゴリーに分けてみましょう!

 

陰陽論

 

 

調和を保つ

 

繰り返しとなりますが、重要なのはやはり陰と陽のバランス。
このバランスを崩しことイコール体調を崩すということです。

 

足りなくてもいけないし、多すぎてもいけない。
東洋医学的な考え方からすると、私たち整体セラピストのお仕事は、足りない部分を補って多すぎる部分を寫する(減らす)ということ。
この考え方を【補寫】といいます。

 

そして、どの部分が多すぎるのか、どの部分が足りないのかを探すことも大事な私たちの役割です。

 

そこに気づけるようになるために必要なのが、東洋医学の知識と現場での経験。
こういったスキルを身につけていくことで、みなさんが対応できる患者さんの幅が大きく広がっていくことは間違いありません。

 

 

スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

関節を調整する際の考え方

目安時間:約 7分
関節を調整する整体師

 

 

筋肉をリラクゼーションさせる技術だけじゃなくて
骨格や関節の調整もできるようになりたい!

 

整体セラピストが
成長過程で必ず通る道ですね!

 

では、どのようなテクニックを学べばいいのか?

 

いや、まずはその前に
骨格や関節を調整するときの
大切な「意識」についての考え方があります!

 

 

スポンサーリンク



 

 

まずは触診!

 

関節を調整する技術もいろいろなテクニックが存在します。

 

カイロプラクティック
関節モビライゼーション
AKA
オステオパシー
などなど。

 

どれも素晴らしい技術ですので、どの方法を選択しても問題ないと思います。

 

セラピストそれぞれが、どの技術を選ぶか?
これはそのセラピストが置かれている「環境」だと思います。

 

環境というのは、例えば・・・
過去に自分自身が、その技術に救われた経験があるとか
自分の周囲に、その技術で結果を残している先生がいるとか
そういうことです。

 

どの技術を選んだとしても共通して言えることは
骨をイメージして正確にポイントを触知する
そういうスキルが重要だということです。

 

ランドマーク

 

そしてポイントを探す際のヒントになるのが
ランドマークとなるポイントを知る、ということ。

 

ランドマークとは、目印のようなものですね。

 

代表的なランドマークには

 

肩甲骨の下角→胸椎7番の位置を見つけられる
上後腸骨棘→仙骨の2番を見つけられる
第12肋骨→2番の腰椎を見つけられる

 

などがあります。
(すべて左右を結んだ中心線の中央に見つけられます)

 

また、左右の腸骨陵の一番高い位置を結んだラインを【ヤコビー線】といい、
その中心には腰椎の4番と5番の間の位置になります。

yakobi

 

 

これらのランドマークを利用して、触診の時間を短縮していきましょう!
(ランドマークから割り出すポイントには多少の個体差があります)

 

イメージしながら触る

 

体に触れる時は
触れている部位をしっかりとイメージしながら触れます。

 

なるべく正確にイメージできるように
解剖学の教科書のイラストを何度も繰り返し見直しましょう。

 

実際に自分でノートに描いてみるという方法もあります。
けっこう面倒なのですが、効果としては絶大です。

 

関節裂隙を見つける

 

関節裂隙とは
ちょうど関節になっている部位の「すき間」です。
外からでも触れると落ちくぼんでいるので解かります。

 

例えば肘関節の外側なら
上腕骨の外側上顆と橈骨の橈骨頭を触診し
それぞれの間の落ちくぼんだ部分が肘関節の関節裂隙です。
(正確には腕橈関節)

 

関節の調整にトライする際
この関節裂隙を触知することがとても大切です。

 

 

指の使い方

 

関節を調整するときは
筋や腱に刺激を入れる時よりも
さらに繊細な手の使い方が求められます。

 

指先に力の入った状態の手で触れると
患者さんの体はセラピストに身を任せてくれないので
いくら頑張って調整がうまくいきません。

 

具体的な手の使い方に関しては
→こちらの記事

 

 

調整する際の考え方

 

最後に
関節を調整する上で非常に大切なお話を聞いてください。

 

骨格・関節の正しい位置というのは
人それぞれによって微妙に違います。

 

解剖学的に一見ズレているように見えても
その人にとっては実はベストの位置であるというケースもあります。

 

私が以前に診させていただいていた競技ダーツの選手がいます。
この方は仙腸関節の位置が左右で大きくズレていました。
ですので、私はセオリー通りに
左右の仙腸関節の位置を(解剖学的に)整えました。

 

後日・・・

 

そのダーツ選手の成績が、激落ちしてしまいました・・・

 

ダーツのように一方方向の運動で競技するものでは
その選手の骨盤の位置がズレていることが
その選手にとって正常な状態だったということです。
つまり
その選手にとって、最大限の能力を発揮するための
正常なズレだったわけです。

 

このダーツ選手の例のように
その人それぞれの生活スタイルで
必ずしも左右ピッタリが良い状態とは限らないケースが多々あります。
それなのに・・・
なんでもかんでも左右均等の位置に調整しようというのは
ちょっと納得のいかない話。

 

では、どのような考え方で関節を調整すればいいのか・・・?

 

その答えは・・・
「その人にとっての、ベストな位置に調整する」
ということです!

 

でも・・・
そんなの、分かる訳ないですよね?(笑)

 

ですので、
あくまでも「意識」の話ですが
「左右を均等に整えよう」と考えて調整するのではなく
「この人にとってベストな位置に調整しよう」
と「意識」して調整することが大切なんです!

 

「意識」なんて目に見えないもの、うさんくさいですか??

 

実際にやってみてください。

 

効果が違いますから!!

 

体に関しても人間関係と同じで
無理強いは良くないってことですね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6