各臓腑の働きと関連する症状【脾】

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
東洋医学の太極図

 

 

今回の臓腑働きと関連症状です。

 

 

私たちの臓器に脾臓というものがあります。

 

脾臓はリンパ系の臓器なので、免疫に関する働きを持っていますし

 

その他にも、古くなった赤血球を破壊する作用などもあります。

 

 

東洋医学のは、どのような働きをするのでしょう。

 

また、の機能低下はどのような症状に結びつくのでしょうか?

 

 

今回もよろしくお願いします!

 

 

脾は後天の精を作る

 

脾の生理機能は

 

食べ物や飲み物から栄養素を取り出し

 

後天の精を作ること。

 

 

後天の精については、以前に腎に関する記事でお話しました。

 

こちら⇒【臓腑】腎の働きと関連症状

 

 

私たちが生まれる時に両親からもらった先天の精を補うもの。

 

それが後天の精でしたね。

 

 

脾は運化作用というもので食べ物や飲み物を消化吸収し

 

全ての臓腑の気が不足しないように全身を栄養します。

 

気が満ちている

 

 

その他の脾の働き

 

その他にも統血作用というものを持っています。

 

これは血が脈の外に漏れないように見張っているという働き。

 

血を統括しているんですね。

 

 

また

 

の状態は口唇に現れます。

 

患者さんの顔色や唇の色つやが優れないのであれば

 

脾の病変を疑う必要があります。

 

 

全身を栄養するの運化作用は

 

潤滑剤としての役割を持つ津液に関しても全身に循環させます。

 

働きが悪くなると潤滑剤が減ってしまうため

 

関節筋肉の動きぎくしゃくとしてしまいます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

脾に関係する症状

 

それでは

 

働きが低下する事で現れる症状をお伝えします。

 

 

消化吸収に関する症状

 

  • 食欲減退

 

  • 腹部膨満

 

  • 下痢

 

食欲減退

 

 

血に関する症状

 

 

  • 血尿・血便

 

  • 月経過多

 

  • 子宮出血

 

  • 月経時期に関係なく出血

 

生理不順

 

 

 

後天の精の不足による症状

 

 

  • 無気力

 

  • 疲労感

 

  • 倦怠感

 

  • 痩せてしまう

 

 

 

 

肌や口唇に現れる症状

 

  • 口が渇く

 

  • 味覚異常

 

  • 顔面蒼白

 

唇

 

 

 

最後に

 

これらの症状以外にも

 

帯下(おりもの)などもの機能障害であると考えられています。

 

 

脾経の有名なツボに三陰交というものがあります。

 

3つの足の陰経が交差するのでその名前がついています。

 

(足の厥陰肝経、足の太陰脾経、足の少陰腎経)

 

三陰交

 

 

三陰交は冷え性などにも効果のあるツボですが

 

女性特有の疾患に対する施術を行う際には

 

決して見逃せないツボです。

 

 

生理不順や更年期障害などの患者さんに対しては

 

かならず三陰交の状態をチェックするようにしてください!

 

 

今回は以上です!

 

ありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6