各臓腑の働きと関連する症状【心包】

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
東洋医学の太極図

 

 

今回の臓腑働きと関連症状は「心包」です。

 

西洋医学のみ学ばれた先生には、聞き慣れない臓腑の名前だと思います。

 

東洋医学独自の心包という臓腑の概念や

 

その働きと関連する症状について知っておきましょう!

 

 

それでは!

 

今回も整体・マッサージ師の独立応援サイト

 

始めていきます!

 

 

心包は形のない臓腑

 

心包という字を見ると、心を包むと書かれているので

 

西洋医学で言う「心膜」のようなものではと想像してしまいます。

 

しかし、心包とは

 

形として存在している臓腑ではなく

 

ただ機能(働き)だけが存在していると考えられています。

 

 

なかなかイメージが難しいですね・・・。

 

 

では、心包という臓腑は、どのような働きを持っているのでしょうか?

 

 

心包の働き

 

心包の主な働きは、心を護衛するというものです。

 

心についてはこちら⇒【臓腑】心の働きと関連症状

 

 

 

心はもともと丈夫な臓腑だと考えられています。

 

しかし、心はを宿している大変重要な臓腑

 

東洋医学で言う神がなくなるということはを意味しますので

 

心包という護衛隊長が厳重に警備しているんですね。

 

護衛

 

さらに心包

 

気や血を全身に巡らせるという働きもあります。

 

 

そして

 

中枢神経系である脳や脊髄とも深いつながりを持っていると考えられています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

心包に関連する症状

 

うわごと」が口をついて出るという症状は

 

心包の状態に原因があると考えられています。

 

うわごととは、意味の解らないような言葉のことですね。

 

 

心包の状態によって

 

大きく明瞭なうわごとが出る場合もあれば

 

小さな声でボソボソとつぶやくようなうわごともありますが

 

一般的に、小さく力のないうわごとの方が症状が重いと考えられています。

 

うわごと

 

 

また、心包に関連した症状牙関緊急(がかんきんきゅう)というものがあります。

 

牙関緊急とは

 

口の中の噛む筋肉が、無意識のうちに力んでしまい

 

グッと歯を食いしばった状態が続いてしまう症状。

 

破傷風という感染症の特徴的な症状のひとつでもあります。

 

 

最後に

 

もし臨床上で、心に関する症状を疑う場合は

 

必ず心包の状態を確認するようにしてください。

 

 

心包は心を守るという、重要な役割を持っていますので

 

心の状態が悪くなったのであれば、心包の防御が破られたと考えるのが自然ですからね!

 

 

ちなみに

 

管理人が良く使う心包経の経穴は、郄門(げきもん)と労宮(ろうきゅう)です。

 

 

郄門は前腕前側のちょうどド真ん中。

 

郄門

 

労宮の取り方は

 

四指を折り曲げた時に、ちょうど中指と薬指の先端が当たるところの中間です!

 

労宮

 

 

動悸や胸苦しさ

 

意味もなくイライラするなどの症状に効果を感じています。

 

 

筋肉をほぐすような強い圧ではなく

 

体表から優しく深部へ到達するような圧を心がけて試してみてください!

 

 

次回は心包と表裏関係にある三焦についてです。

 

 

今回もありがとうございました!

 

 

心包と表裏関係にある三焦は

 

こちら⇒【臓腑】三焦の働きと関連症状

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6