各臓腑の働きと関連する症状【大腸】

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
大腸の働き

 

 

今回の整体マッサージ師の独立応援サイトは

 

臓腑働き症状のシリーズで

 

大腸について解説をしていきます!

 

どうぞよろしくお願いします!

 

 

大腸は糟粕を作る

 

大腸働きは、糟粕を作り運搬する事。

 

糟粕(そうはく)とは

 

食べた物から水殻の精微(すいこくのせいび)を吸収したあとの残りカスのようなもの。

 

カンタンに言ってしまえば「うんち」を作って、外に排出させる。

 

これが大腸働きです。

 

 

水殻の精微とは

 

食べ物に含まれる水分栄養素の事で

 

東洋医学では、を作るための材料のひとつと考えられています。

 

つまり

 

水分や栄養が不足した状態では

 

気を正常に作ることができないということなんですね。

 

スポンサーリンク



 

 

肺と大腸の関係

 

肺と大腸表裏関係にあります。

 

肺は粛降作用によって気を下に降し

 

大腸の伝道作用を円滑にします。

 

 

また

 

大腸の持つ伝道作用は

 

肺の粛降作用を助ける働きを持ち

 

肺が司る呼吸機能を助けています。

 

 

臓腑の表裏関係とは

 

このようにお互いを助け合う関係でもあります。

 

初対面の挨拶

 

 

大腸の状態と関連する症状

 

東洋医学で言う大腸という臓腑が調子を崩すと

 

下痢便秘など、排便に関する機能に障害が現れます。

 

これは現代医学の大腸と、ほぼ同じ役割と言えますね。

 

大腸の不調

 

 

最後に

 

現代医学では

 

下痢や便秘といった症状が見られた場合

 

原因は大腸にあるとみなし

 

大腸に対する治療や投薬が行われます。

 

しかし東洋医学では、さらにつっこんで

 

では、大腸が調子を崩した原因はどの臓腑にあるのか

 

という部分まで探っていきます。

 

 

ですので

 

例えば同じ下痢の症状を呈する場合でも

 

患者さんによって治療方針が変わってくるんです。

 

これを同病異治といいます。

 

 

ここが現代医学との大きな違いでもありますし

 

東洋医学の奥が深くて面白い部分でもありますね。

 

 

それでは、今回はここまでです!

 

最後までありがとうございます!

 

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6