整体院での検査は誰のため?何のため?

目安時間:約 8分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
整体の検査

 

 

施術に入る前に行なう検査、非常に重要ですよね?

 

特に初診の患者さんには、時間をかけてしっかりと検査してくださいね。

 

 

今回は整体院で行う検査は何のために行なうのか?

 

そして誰のために検査を行うのか?

 

 

毎日の施術の中で当然のように行われている検査ですが

 

改めてその重要性について一緒に考えていきましょう!

 

 

検査を行う理由

 

施術前の検査は何のために行なうのか?

 

患者さんの体の状態を把握し

 

どこに痛みの原因があるのかを推測するため。

 

検査の目的は情報収集です。

 

体の情報

 

腰に痛みを抱えた患者さんに対して

 

どのような動作で痛むのか?

 

腰のどの辺りが痛むのか?

 

このような情報がなければ施術方針も立てられません。

 

 

また、問診でも

 

何をしているときに痛むのか?

 

痛みの度合いの経過は?

 

どのような姿勢が楽なのか?

 

このような情報も集める必要があります。

 

 

こうしてみると

 

整体院で患者さんに検査を行う目的は

 

先生の情報収集のためだけにあると思われがちですが

 

実はもっと重要な目的があります。

 

 

検査は患者さんのために行なう

 

もちろん、先生が患者さんの情報を集めるために検査は必要なのですが

 

もうひとつ重要な目的は

 

患者さんに、自分の体の状態に気づいてもらうことなのです。

 

 

今回も「整体院あるある」で解説してみますね(笑)

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

先生と患者さんの対話

 

「腰が痛いんです」

 

「どういう動きで痛むんですか?」

 

「特に動きで痛むわけではありません」

 

 

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

はい!終了~!

 

・・・ではダメです!(笑)

 

問診時のNG

 

ここですぐに施術を始めるのではなくて

 

前後屈、側屈、回旋など、腰の動作確認を必ず行いましょう。

 

 

患者さんに実際に動いてもらって

 

「後ろに反らすと少し痛いかな・・・」

 

などということに気づいていただくのです。

 

 

こうすることで患者さん意識には

 

「自分の腰痛は、反らすと痛みが強くなる」

 

という現状がインプットされます。

 

 

そして施術後の再検査で、後屈痛が軽減していれば

 

「自分の腰痛は施術によって快方に向かっている」

 

と、整体の効果を実感してもらいやすくなるのです。

 

 

ビフォー・アフターを比較する

 

つまり、検査の目的は、先生の情報収集だけではなく

 

患者さんに施術の効果を実感して頂くためにあります。

 

これが検査の重要な意味です。

 

 

検査で、どの動きでも痛みが強く出なければ

 

カルテに「動作時痛なし」と記入して、次の検査を行いましょう。

 

 

検査では、患者さんの動作時痛だけを見るわけではありません。

 

圧痛の度合いや、可動域の広さなど

 

患者さんが「確かに」と感じられるものであれば何でも結構です。

 

 

大切なのは

 

必ずビフォーとアフターを比較するという事。

 

ビフォー・アフターの変化を持ってして

 

患者さんに整体の効果に気づいてもらう事が大事なのです。

 

ビフォー・アフター

 

 

理由付けが大事です

 

そして、もうひとつ大切な事は

 

なぜ、このような検査をするのかという理由です。

 

 

腰痛の患者さんに腰の動作を見せてもらうのであれば

 

患者さんも違和感を覚えないかもしれませんが

 

SLRなど下肢の検査を行う場合は

 

「腰が痛いのに、なんで足なの?」

 

と疑問に思う方もいるかもしれません。

 

 

このような不信感につながらないためにも

 

下肢の筋肉や関節が原因で腰痛を招くことなど

 

患者さんに分かりやすく説明をしてから検査を行う事が大切です。

 

施術の説明

 

 

まとめ

 

では今回のまとめです。

 

整体院で行う検査の目的は

 

患者さんの情報を集める事と

 

患者さんに、体の変化に気づいてもらうこと。

 

そして検査を行う際には

 

なぜこの検査が必要なのかを説明してから行うこと。

 

 

 

いかがでしたか?

 

整体院で検査を行う目的は

 

先生のためだけではなく、患者さんのためなのです。

 

 

施術後の検査のあとにも

 

検査結果からどのような方針で施術を行い

 

どの部分が改善されたので痛みが軽減した、ということまで説明ができればベストですね!
スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6