整体院でのクロージング【視覚優位の患者さん編】

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
視覚

 

患者さんの優位感覚は何なのかを観察して

 

クロージングでその感覚に訴える。

 

今回は視覚が優位感覚の患者さんについてです。

 

 

今回の記事を読む前に

 

まずはこちら⇒整体院のクロージング

 

をご覧いただき

 

クロージングや優位感覚について知っておいてくださいね!

 

 

それでは早速、いってみましょう!

 

 

まずは視線を観察する

 

人は思い出しづらいような質問に対しての答えを探す時

 

視線がどちらかの方向へ向きます。

 

質問した人の顔を正面から凝視したままでは、記憶の糸を辿れないですもんね。

 

 

先生の質問に対して上の方向を見て考える患者さんの優位感覚は視覚です。

 

なるべく簡単には思い出せないような質問を投げかけてみてください。

 

遠い昔のことを思い出してもらうような質問などがいいですね。

 

 

「学生の頃、部活でどんなケガをしましたか?」

 

「それはいつの出来事ですか?」

 

などなど。

 

 

 

 

視覚優位の人は、記憶を辿るとき

 

右上を見ながら思い出そうとする傾向があります。

 

先生の質問に対して右上に視線が移動したのであれば

 

その患者さんは視覚がリードしていそうですね。

 

右上を見る

 

 

また視覚優位の人が左上を見ているときは

 

映像的に何かを創造している時だと言われています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

視覚優位の人が使う言葉

 

視覚優位の人が話をするとき

 

頭の中で映像を思い浮かべながら話す傾向があります。

 

ですので、会話の中でも

 

「・・・しているように見えた

 

キラキラと輝いている」

 

鮮明に思い出せた」

 

というような、視覚を連想させる言葉を多用します。

 

キラキラ光る景色

 

 

症状についての質問の際には

 

明らかに昨日より痛い」

 

見るからに腫れぼったい」

 

などという言葉を選んで説明します。

 

 

また、視覚優位の患者さんは見た目にこだわる傾向があるので

 

先生の身だしなみや院内の雰囲気なども重視します。

 

 

視覚優位の患者さんへのクロージング

 

視覚優位の患者さんに対しては

 

当然、視覚へと訴えながらクロージングを行うのがいいでしょう。

 

 

ビフォー・アフターの違いを写真で比べてみてもらったり

 

施術の経過を説明する際には

 

痛みの度合いと時間の経過の関係をグラフにして見せるのも響くはずです。

 

 

クロージングの際には。言葉だけで説明するのではなく

 

骨格模型イラストを見てもらいながら説明する事で

 

視覚優位の患者さんの理解度は深くなります。

 

骨格模型

 

 

あらかじめ説明文などを用意しておいて

 

口頭説明と同時に説明文にも目を通してもらう方法も

 

視覚優位の患者さんには適しています。

 

 

まとめ

 

それでは今回のまとめです。

 

  • 視覚優位の患者さんは、質問に対して右上を見つめながら考える。

 

  • ビジュアルに関連した言葉を用いて説明する。

 

  • 人や場所を選ぶ際、見た目を重視する。

 

  • 写真やイラスト、グラフなどを用いてクロージングする。

 

 

 

以上になります。

 

 

優位感覚が聴覚の患者さんへのアプローチは

 

こちら⇒整体院で聴覚優位の患者さんへのクロージング

 

 

最後までありがとうございました!
スポンサーリンク



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6