整体院でのクロージング【聴覚優位の患者さん編】

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
聴覚

 

 

 

患者さんの優位感覚に合わせた整体院クロージング

 

今回は聴覚優位の患者さんについてです。

 

 

聴覚優位の患者さんは耳から入ってくる音や声だけではなく

 

文字としての言葉に対する感覚も敏感です。

 

 

そのあたりを踏まえて

 

聴覚優位の患者さんの特徴やクロージングの組み立てを行いましょう!

 

 

それでは始めていきましょう!

 

 

聴覚を研ぎ澄ませたときの視線

 

人は音や話し言葉を思い出そうとするとき

 

自然と視線が横、特に左横に向かいます。

 

そして作曲などの音を創造する作業の時は

 

右横に視線が向かう傾向にあります。

 

横への視線

 

 

つまり

 

先生の質問に対して左横を見つめながら考える患者さんは

 

聴覚が優位感覚であると言えるでしょう。

 

 

「ご家族の中で同じ痛みを経験した人はいますか?」

 

「それはどれくらい前の出来事ですか?」

 

などと記憶をさかのぼるような質問をしてみてください。

 

考え始めると同時に視線が左横を頻繁に向くようであれば

 

聴覚優位の可能性が高いと言えます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

聴覚優位の人が使う言葉

 

「腰がグキってなって・・・」

 

「頭がズキズキと痛いんです」

 

というような擬音を多用するのが、聴覚優位の人の特徴です。

 

 

また、人の話を引用して話す時に

 

その人の口ぶりなどを真似て話すような人の聴覚優位ですね。

 

 

「その人のでは・・・」

 

「あの人が言うには・・・」

 

など、会話を連想させる言葉もよく使います。

 

話を聴く

 

 

聴覚優位の患者さんへのクロージング

 

聴覚が優位な人は、論理的に話をする傾向があります。

 

ですので、先生も論理的に話をしてください。

 

 

「骨盤が歪んでるから痛みが出ているんです」

 

だけではなくて

 

なぜ骨盤が歪むと痛みがでるのかという事まで丁寧に説明する事で

 

聴覚優位の患者さんは腑に落ちます。

 

 

論理的に納得がいかないと説明に同意できないのが聴覚優位の患者さんですから

 

痛みの発生機序や、どうしたら改善するのかを筋道を立てて説明してあげましょう。

 

 

また

 

具体的な数字などを提示する事で安心感をえられるのも聴覚優位の人の特徴です。

 

次の来院は何日後がベストなのか

 

通院期間の目安をどれくらいなのかを

 

その理由と共に明確に伝えるようにしましょう。

 

説明

 

 

そして

 

聴覚優位の人は評判口コミなどを気にします。

 

 

先生の整体院に来院する際も

 

チラシやホームページなどをしっかりと目を通していることでしょう。

 

 

実際のサービスが広告と食い違いのないように注意して接しましょう。

 

 

まとめ

 

それでは今回のまとめです。

 

  • 聴覚優位の患者さんは、質問に対して左横を見つめながら考える。

 

  • 筋道を立てて理論的に説明する。

 

  • 聴覚優位の人は口コミや評判を重視する傾向にある。

 

  • 明確な数字(通院の期間など)を提示してクロージングする。

 

立ち耳

 

 

 

以上になります。

 

 

 

身体感覚優位の患者さんについては

 

こちら⇒整体院におけるクロージング【身体感覚優位】

 

最後までありがとうございました!

 

 
スポンサーリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6