短時間施術は果たして有効か?

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

 

前回の記事で

 

施術料金をどのように設定するかということについてお話させてもらいました。

 

決して安売りはしてはいけない・・・と。

 

ただ・・・

 

金額を下げずに施術時間を短縮するという方法はアリだと思います。

 

時間単価で計算した場合、とても効率がよくなりますしね!

 

 

そんなわけで

 

今回は「短時間施術」について考えてみたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いします!

 

 

ある意味ブームな短時間施術

 

もう以前のおはなしですが

 

まだ私が自分の施術に自信を持てなかった時期に

 

セミナーに参加したり教材を購入して勉強したりしました。

 

その当時、そのような勉強に費やしていたお金は

 

年間で60万円くらいだったと思います。

 

 

この金額が高いか安いかはさておき

 

ここ数年位前から

 

短時間施術」をテーマにしたセミナーや教材が非常に増えてきました。

 

講師を務める先生方はみな

 

15分で5000円~6000円程度の施術料金を設定しているとか。

 

そんな設定にも関わらず

 

院内は常に予約でいっぱいだといいます。

 

 

「そんなスゴイ技術だったら、今すぐにでも身につけたい!」

 

そんな気持ちで飛びついた経験も何度かあります(笑)

 

そして・・・

 

いくつかの短時間施術テクニックも身につけました。

 

それでもこの短時間施術

 

良い面ばかりではないような気もしてなりません。

 

 

短時間施術のメリット

 

骨盤の整体

 

 

ではここで、短時間施術のメリットについて考えてみましょう。

 

 

感動が生まれる

 

時間にして5分~10分程度で、痛みの軽減や可動域の改善を実感してもらえるので、患者さんは驚きと共に過去にない経験をしたことで感動してもらえる。

 

施術人数が増える

 

今まで一人の施術に1時間ほど費やしていたものが、問診や検査、説明の時間等も含めて半分程度になるので、当然1日に施術できる人数が増え売り上げも上がる。

 

口コミが発生しやすくなる

 

人は驚いた事や感動した経験を誰かに話さずにはいられません。

 

つまり、口コミが増えることは間違いないでしょう。

 

施術が楽になる

 

売り上げ自体が上がっても先生の体力の消耗が少なく済むので、毎日のお仕事がとても楽になります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

もちろん、デメリットもある。

 

それでは、短時間施術を行う事でのデメリットはないんでしょうか?

 

長い時間マッサージを受けて、癒されながらウトウトしたいという患者さんであった場合、ちょっと満足してもらえないかもしれませんね。

 

本当に痛みがつらくて、この痛みから少しでも早く解放されたい、という方にはうってつけでしょう。

 

しかし、確かに結果も非常に大事なのですが、その結果に向かうまでのプロセスも、施術の料金に含まれているのではないか。

 

私はそのように考えます。

 

 

一番は患者さんのニーズ

 

私たち独立した「ひとり整体院」の強みは

 

患者さんの状態に合わせて臨機応変かつ自由なフットワークで施術を行えること。

 

雇われている場合ですと

 

院長や他のスタッフの眼も気になって、自由に動けないですもんね。

 

 

ですので

 

短時間施術のテクニックも用いつつ

 

それでも短時間施術テクニックに頼り切ることなく

 

その場の状況や患者さんの体調などを考慮したうえで

 

時間をかけてじっくりとマッサージをしていくなどの技術と併用していくのが一番ではないでしょうか。

 

マーケティング的な側面から考えると

 

とても中途半端な立ち位置になってしまうと思うのですが

 

患者さんの感覚やニーズを考慮すると

 

やっぱり「心地よい」と感じてもらえる時間も必要だと思います。

 

患者さんのニーズ

 

 

ゆったりとした癒しの時間の合間に

 

突然、ビックリするようなテクニックを入れてみる。

 

現在の私の施術は、まさにそんな流れの施術です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6