揉み返しを起こさないマッサージの方法

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
施術する整体師

整体マッサージ院内のトラブルとして、揉み返しが挙げられます。
そんなに強い刺激を入れていないのにも関わらず
患者さんによっては揉み返しを起こしてしまうケースもありますよね。

そのような事が頻繁に起きる先生は
力加減ではなく、刺激の入れ方(圧し方)に問題があるのかもしれません。
今回の整体マッサージ師の独立応援サイトでは

揉み返しを起こしづらいマッサージ方法ついて学んでいきましょう!

揉み返しについての説明

患者さんのニーズ
2回目以降の施術に来られた患者さんで
「この前の施術の後に揉み返しが・・・」
なんて言われたら、先生はどのようにお答えしていますか?

「あぁ~、刺激が強すぎちゃったかな?ごめんなさい!」
なんて答えはダメですよ!

このように答えてしまえば
患者さんからの信頼度は間違いなく下がってしまいます。

ある程度、現場にも慣れた先生であれば
好転反応という言葉を使って説明するかもしれませんね。

好転反応をご存知ない方のために
まずはそこからご説明していきましょう!
スポンサーリンク



好転反応とは?

みなさん、一度ぐらいは風邪をひいたことはありますよね?
もしかしたら、生まれて一度も風邪をひいたことなどないという
屈強な方もいるかもしれませんが・・・
風邪の好転反応
風邪をひいた時って

体内に入ってきた細菌やウィルスをやっつけるために体はを出します。
また、細菌やウィルスを体内から排出しようと
鼻水などの症状も出ますよね?

これらの反応は、いたって正常なものです。
逆に、発熱や鼻水の症状が出ないと
風邪はいつまでもグズグズと治りません。

発熱や鼻水のような反応があるからこそ
風邪の原因となる細菌やウィルスを退治して、回復までの時間を短くしてくれます。

整体やマッサージによる外からの刺激が身体に入ることによって
これと同じような現象が起こると考えられています。

つまり、揉み返しは
風邪の症状である発熱や鼻水と同じようなもので
これから体調が回復する兆しであると考えられます。

このように
不調から回復へと向かう道のりの途中で
人間の身体は、一度ガクンと調子を落とすことがあります。

この、ガクンと落ちる時期に起こる一過性の症状を
好転反応といいます。

このあたりの説明をしっかりとしていくことで
患者さんにも安心を与えて、信頼関係も崩さずに済むことができますよね。

揉み返しが起こるのは筋肉だけじゃない!

揉み返しの起こしやすい患者さんって、やっぱりいます。
どのような方が揉み返しを起こしやすいかというと

  • 運動の習慣がない方

 

  • 安静にしている時間の長い方

 

  • 全身的な血行不良のある方

 

  • 整体やマッサージが初めての方

 

刺激量や刺激時間が多すぎることで揉み返しは起こりますが
揉み返しの原因はそれだけではありません。

見落としがちなのは圧のベクトル(方向)です。

押圧をしたあとに圧のベクトルが変わると、圧がすべってしまいます。
そうなる事で、皮膚筋膜引っ張ってしまうんですね!

このような間違った圧し方を続けることで
患者さんの身体は、皮膚や筋膜レベルでの揉み返しを起こしてしまいます。

このような状態は・・・
好転反応でもなんでもないですよね・・・?

ただいたずらに、患者さんの身体を傷つけているだけです!

このような間違った圧し方は
患者さんの体に体重を乗せて圧すスタイルの先生に多く見られます。
患者さんの身体は寄りかかる背もたれではありません!
体重を乗せて圧す方法は
患者さんにとっても、先生の指にとっても
すごく危険な事です!

すぐにクセを直して、正しい圧し方にシフトしましょう。
*正しい圧し方のヒントは
こちら⇒正しい位置で圧す
具体的な圧し方については⇒効果を上げる圧し方のコツ

最後に

日本人の心の中には
「我慢は美徳である」という信念が多かれ少なかれあるように思います。
我慢は美徳
つまり
施術中にちょっとくらい痛くても
いちいち「痛い」というのは野暮だという思いで
我慢に我慢を重ねてみ返しを起こしてしまう方もいます。

また、東洋的な思想のひとつに
良薬、口に苦しというものがあるので
苦しみから解放されるには、整体の痛みを我慢しなければならないと考える方も多いでしょう。

特に初診の患者さんには
施術を始める前に、このような思い込みを外してもらえるように説明をして

なおかつ、施術の途中でも、痛みがない事を確認することを怠らないようにしましょう。

 

スポンサーリンク




にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6