患者さんに指導するセルフケアは、まず先生が実践してから!

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
セルフケア

整体施術の効果を、なるべく長期間維持するために

患者さん自身に自宅で行ってもらう運動や生活のアドバイス。

 

それがセルフケアというものですね。

 

先生は患者さんにセルフケアの指導はしていますか?

 

「当然、指導しているよ!」

という先生。

先生が指導している、そのセルフケアの効果・・・

先生自身は実感していますか?

 

セルフケア指導の目的

セルフケアの指導を行う目的は2つあります。

 

ひとつは、先にもお伝えした通り

先生の施術効果を、次回の施術日まで維持させるため。

 

特に施術を受け始めたばかりの患者さんは

ちょっとしたきっかけで、すぐに体が元の悪い状態に戻ってしまいますからね。

 

施術の効果をなるべく長期間持続させるためにも

患者さんにはセルフケアを行ってもらう必要があります。

 

自宅でのセルフケア

 

もうひとつの目的は、患者教育です。

これはどういうことかというと

自分の体が悪くなった原因は自分自身にあるということを

患者さんに理解してもらうということ。

 

今までの生活や食事、姿勢の悪さや運動不足など

決して良くない習慣を続けていたという事に気づいてもらうのです。

 

そして、痛みを改善させるためには

先生と患者さんの二人三脚でゴールへ向かっていく必要があるということ。

 

そのためにも、患者さんは整体師ばかりに依存せずに

自分自身も改善のためのモチベーションを持ってもらうこと。

 

共同作業

 

つまり、患者さんの意識改革を行うという意味で

セルフケアの指導というものが必要になってきます。

 

整体師の中には

「セルフケアを教えてもやらないから・・・」

という事を理由に指導しない先生もいますが

患者さんとの信頼関係を築くためにも、しっかりと指導していきましょう!

 

スポンサーリンク



まずは先生自身が実践!

患者さんにお伝えするセルフケアは、

まず自分自身が実践して、効果があったものだけ選びましょう。

 

「先輩が患者さんに話していたから」とか

「院長がみんなに言っていたから」などという理由で

セルフケアの内容を決めてはいけません。

 

そのセルフケアを行う事で

どの筋肉が緩んで、どこの関節可動域が広がって、どのように姿勢が変化するか。

 

このようなことを先生がまず実践の中で経験していなければ

それは単なる机上の空論になってしまいます。

 

先生自身がまず実際に実践することで

セルフケアを行う事で感じられる体の変化についても説明することができますし

セルフケアを行う上でのちょっとしたコツ注意点までも伝えることができます。

 

チェック

 

このようなメリットがあることも意識して

まずは先生自身が実践して、効果を感じられたものだけを選ぶ。

そのような指導にしてくださいね!

 

自分の痛みはチャンスです(笑)

そういった意味では

肩こりや腰痛などを経験している先生の方が強いでしょう。

改善までの道のりを、実際に体験しているわけですからね!

 

我々、整体師が体に痛みを感じた時は

むしろチャンスだと捉えて、いろいろと実践してみましょう!

自分の体を使って、患者さんを改善させるテクニックを学べるチャンス。

正に天からの授かりものではないでしょうか?!

(仕事に差し支えない程度にですけどね・・・)

 

私自身も、坐骨神経痛を発症したことをきっかけに

多くの研究や実験を試みました。

もちろん、自分の体でね(笑)

 

腰痛

 

その経験があったおかげで

私と同様の症状を呈する坐骨神経痛なら

5分ほどで痛みを改善させることができるようになりました。

 

みなさんも、もし自分の体に痛みを感じたら

「ラッキー!」と叫んで、喜び勇んでいろいろと実験してみましょう!(笑)

 

最後に

このように

まず自分から進んで経験・実践するということは

自分自身がスキルアップするためのきっかけにもなるのです。

 

本を買って勉強するよりも

DVDを見て勉強するよりも

セミナーに参加するよりも

とても貴重な気づきを得ることができるでしょう!

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6