イメージのチカラで施術効果をUP!

目安時間:約 10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
イメージ

 

今回お話する内容は

 

どのようなテクニックを使う先生にとっても

 

とても役に立つお話だと思ってシェアします。

 

 

ただ、眼に見えない「感覚」や「意識」を利用したひとつのアイデアなので

 

そういうのがキライな先生は、すぐにブラウザを閉じてください

 

また別の機会に

 

先生の施術や経営に役立つ情報を発信できるように努力します。

 

 

ただ・・・

 

眼に見えないものの存在を少しでも感じられる(信じられる)先生なら

 

今回の内容は必ず役に立つものになるでしょう。

 

 

よろしいですか?

 

さっそくお話していきますね!

 

 

イメージのチカラ

 

先生は施術をする際に

 

今、自分がどこに対してアプローチしているのかを強く意識していますか?

 

 

マッサージや指圧がメインのテクニックであれば

 

今、刺激を加えている筋肉は何なのか?

 

 

ただ硬結(コリ)を見つけて、そこに刺激を加えてほぐそうと考えるのではなく

 

刺激を加えている筋肉の形状起始部・停止部など

 

まるで先生の眼に見えているような感覚で強く意識(イメージ)しながら施術しています?

 

筋肉のイメージ

 

 

さらに、関節を調整する手技であれば

 

関節面の形状や各々の骨の形状までイメージすること。

 

筋膜を操作したいのであれば、筋膜だけでなく

 

その周囲の筋肉・軟部組織・皮膚などの環境までも意識する。

 

 

そしてしっかりと意識できたら

 

その部位が改善してくるイメージを持つ。

 

 

なぜイメージすることが大切なのかというと

 

強くイメージすることで、現実になるから。

 

逆にイメージできないことは現実には起こらないから。

 

単純な理屈です!

 

 

もっとシンプルに!

 

そうは言っても・・・

 

人体の正確なイメージなんて、そうそうできるものではありませんよね?(笑)

 

毎日オペをする外科のドクターならいざ知らず

 

我々整体師・マッサージ師には、ちょっと厳しすぎる注文です。

 

外科医

 

 

ですので!

 

今回は誰にでもできる簡単なイメージ法をお伝えします!

 

 

イメージ法というか・・・

 

もはやイメージでも何でもないくらいシンプルな方法です!

 

 

シンプルすぎますか?(笑)

 

その方法は

 

患者さんの体に触れる直前に、自分の体に触れる

 

という方法です。

 

 

「はぁぁぁ?」

 

 

って感じですか?(笑)

 

ですよね~(汗)

 

 

でも、この方法を取り入れることで

 

管理人の施術効果は格段に上がりました!

 

ですので今回、みなさんにシェアしようと思ったのです!

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

実際の施術

 

では、具体的にどのような流れで施術するか解説します。

 

 

例えば、左膝に痛みのある患者さん。

 

先生ならどのような施術を試みますか?

 

 

腰~下肢の筋肉をゆるめて・・・

 

股関節、膝関節、足関節を調整して・・・

 

大腿四頭筋の運動療法を入れて・・・

 

 

いろいろなアイデアが浮かんでくると思います。

 

整体師

 

 

患者さんに触れる前に、自分の体に触れるという事は

 

患部(左膝の痛む部位)にアプローチする直前に

 

自分自身の左膝に触れて

 

触れたらその手で

 

まずは患部に触れます。

 

 

そしてそこから

 

先生が普段行っている施術を始めて下さい。

 

 

マッサージでもモビライゼーションでも筋膜リリース法でも

 

どのようなテクニックを使う場合でも同じです。

 

 

患者さんの患部と同じ部位の、自分の体に触れてから施術を始める。

 

 

そして、ここからが本番です。

 

 

自分の体を調整する(イメージ)

 

触れた部分を施術する時は、自分の体を施術するイメージで行ってください。

 

患者さんの左膝を調整しているのだけれど

 

自分の左膝を調整しているイメージで施術をする。

 

ここがポイントです!

 

 

 

 

この理屈に関しては

 

管理人が主催する【CAST】というグループが行っている

 

シェア(セミナー)会場でお伝えしますが

 

最初に同じ部位に触れることで

 

先生の体と患者さんの体の調子を合わせる

 

そんな感覚を持ってもらっていいと思います。

 

 

調子を合わせるとは、シンクロさせるということ。

 

物事はシンクロすると、その境目がなくなるんですね。

 

シンクロ

 

 

「お前、大丈夫か・・・?」

 

という読者さんの声を恐れずに言えば(笑)

 

患者さんの体であろうと先生の体であろうと

 

そんなの関係ねぇ!(古)

 

という状態になるということです。

 

 

まぁ、とにかく!

 

一度試してください!

 

 

人体の面白さ

 

イメージの強力さ

 

いろんなことを実感できるはずです!

 

 

まとめ

 

それでは今回のまとめです。

 

 

先生の手技の効果を高めるためにはイメージの力が必要。

 

患部に触れる前に、患部と同じ自分の部位に触れて

 

その手で患部に触れてから施術を始める。

 

 

この方法で

 

先生の体と患者さんの体がシンクロするので

 

あとは自分の体を調整するイメージで施術をする

 

同調する

 

 

ここまで読んでくれた先生は

 

少なからずとも、眼に見えない世界を感じられる、感覚の敏感な先生だと思います。

 

そんな先生であれば必ず

 

施術の効果に変化を出せると信じています。

 

 
スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6