閑散期が終わったら、さあ!実行しよう【プレゼント付き】

目安時間:約 12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
整体院の売り上げアップ

長い冬(閑散期)が、ようやく終わろうとしています。

整体院を運営する先生も、お勤めの先生も

いろんな意味で「寒かった」のではないでしょうか?(笑)

 

しかし!春はもう目の前!

 

みなさん、準備はいいですか!?

 

この春から、しっかり結果を出すために実行できること

いくつか提案させていただきます。

 

そして本文の後半では

売り上げアップに役立つ、あるアイテムプレゼントをご用意させていただいています!

閑散期に立てた作戦を実行する時期!

整体院やマッサージ店のお仕事は

夏から秋にかけて売り上げのピークになり

そして冬場には閑散期を迎える。

 

そしてまた、春になると、少しずつ忙しくなってくる。

 

このようなサイクルは

この業界全体のクセのようなものです。

 

リラクゼーションであれ整骨院であれ

例外なくこのような周期で回っていきます。

 

こちらの記事でもお伝えした通り

閑散期だからと言って落ち込むことなく

ステップアップのための準備期間だと捉える方がいいでしょう。

 

そして、いよいよ!

待ちに待った春がやってきます。

 

みなさん、準備はできていますか?

 

新年度の始まりであるこの季節

閑散期に温めてきたものを開花させていきましょう!

 

冬の間に、しっかりと準備が出来た先生は

迷うことなく実践に移しましょう!

 

閑散期を何もしてこなかった先生・・・

このタイミングに何か新しいことを始めなければ

整体院の売り上げも去年と同じ

いや、去年よりも落ちる可能性だってありますよ!

 

今からでも遅くはありません。

 

新しいシステムを導入してみませんか?

 

整体院の戦術

 

新しいシステムの1例

 

すでに準備万端で

「いつでも来い!」という先生は

トライ&エラーを繰り返しながら

新しいシステムを確実に定着させ、売り上げアップを目指してください。

 

勉強熱心な先生のことです。

きっと新しい技術を習得して

新メニューを立ち上げる構想などがあるかもしれませんね。

 

先生の努力は、必ず身を結ぶでしょう。

自信を持って前に進んでください!

 

閑散期に何もできなかった先生は

もしかしたら今になって後悔しているかもしれません。

 

そんな先生のために

今からでもギリギリ間に合う戦術を、いくつかご紹介します。

 

メルマガを立ち上げる

患者さんとのコンタクト回数を増やすために

メールマガジンを利用する方法があります。

 

これは非常に効果の高い方法です。

 

患者さんからメールアドレスを教えてもらい

健康情報などを一斉に送信します。

 

そして、時々

キャンペーンなどのクーポンを送ります。

 

これが何気に、効きます。

 

「クーポンを遅らせていただきますので」

と説明すれば

アドレスも聞きやすくなりますしね。

 

スポンサーリンク



季節の挨拶状を送る

初回の問診票などで

すでに患者さんの住所は把握しているはず。

 

その住所に、はがきや手紙を送ります。

 

一番自然なのが、その季節に合った挨拶状ですね。

暑中見舞いなどが良い例です。

 

そしてその挨拶状の中に

患者さんの症状を心配する気持ちをこめてください。

 

「その後、腰の調子はどうですか?」

 

「頭痛が出ていないか心配です」

 

といったように

それぞれの患者さんに対して、個別にメッセージを添えて下さい。

 

ニュースレターを発行する

月に1回くらいで構わないので

ニュースレターを発行する方法もいいでしょう。

 

ニュースレターとは

「〇〇整体院新聞」みたいな感じで

患者さんの役に立つ情報を、新聞形式で作成します。

 

A4用紙1枚くらいの文章量でも充分です。

 

先生のプライベートなども掲載したり

近隣のお店を紹介したりなどの記事も入れると

患者さんも楽しく読めると思いますよ!

 

ニュースレター

 

検査法の確立

今まで特に術前の検査などをしてこなかった先生も

この春から、検査を導入してはいかがでしょう?

 

問診や主訴の確認だけでなく、初めに検査を行うことで

「この整体院は、しっかり見てくれるんだな」

という印象を、患者さんに与えることができます。

 

検査と言っても

整形外科で行う理学検査までやらなくても大丈夫。

 

(できれば、やったほうがいいのですが・・・)

 

主訴が肩の時は、この検査とこの検査

 

腰痛の患者さんに対してはこの検査など

 

いくつかパターンを決めておくと楽です。

 

そして滞りなく検査ができるようになったら

すこしずつ検査項目を増やしたりしていくと良いと思います。

 

施術計画書を手渡す

 

もうひとつ、比較的簡単にできる事があります。

 

それは

初診の患者さんがお帰りになる前に

施術計画書をお渡しするという方法です。

 

この方法を導入することで

リピート率は格段に上昇します。

 

私の院で検証したので、それは間違いありません!

 

施術計画書と聞くと

「なんだか難しそうだな」

「めんどくさいんじゃないの?」

と思うかもしれません。

 

そんな先生のために

今回は、私が実際に使っている施術計画書を

無料でプレゼントしようと思います!

 

ぜひ、こちらからダウンロードして、試してください。

(PDFファイルです)

 

【施術計画書 PDFファイル】

 

施術計画書の使い方

それではダウンロードされた先生のために

施術計画書の効果的な使用方法について解説します。

 

施術計画書は、A4サイズの用紙に2面作ってありますので

印刷して2枚に切って使って下さいね。

 

カラーで作成してはいますが

印刷はモノクロで十分でしょう。

(経費節減!)

 

まずは

「今日の    様のお身体の状態です」

という部分に、患者さんのお名前を記入します。

 

その下に女性の全身図が2つ。

正面からと背面からの図を用意しました。

 

この図に、ボールペンなどを使って

筋肉のハリやコリが強い部位を赤丸で

トラブルのある関節の部位を青丸で囲んでいきます。

 

そして下部の枠内の項目に

患者さんそれぞれの体調に合わせたアドバイスを簡単に明記しました。

 

該当するところを丸で囲んでください。

 

最後に、担当した先生の名前を記入して終了です。

 

空欄に整体院の名前を記入したり

院のゴム印を押しておくといいでしょう。

 

これを

患者さんがお帰りの際に手渡すのですが・・・

 

ここからが重要です!

 

施術計画書を手渡す時は

必ず待合室などでお互いに座って

きちんと説明をしてからお渡ししてください。

 

そうやってお渡しする事で

 

「あなたの体はこのような状態です。

 

 こことここにトラブルがあるため、今回の症状が出ています。

 

 つまり、そこのトラブルさえ解消すれば

 

 今回の症状は軽減されます。

 

 トラブルを解消するには、自宅でこのようなケアをして

 

 次は〇日後を目安に来院してください。」

 

という先生の想いを自然に伝えることができます。

 

言葉で説明するだけではなく、紙面でも説明することで

患者さんへの説得力が大きく変わってきます。

 

次回予約のアナウンスも、自然に行えるでしょう。

 

リピート率がなかなか上がらないという先生は

ぜひプレゼントを受け取って、さっそく使ってみてください!

 

【施術計画書 PDFファイル】

 

ご自分でカスタマイズしてみるのもいいでしょう!

 

使い方でご不明な点がありましたら

 

support@claire-affi.com

 

こちらに質問してくださいね。

 

春からの先生の更なるご活躍

 

心よりお祈りしています!

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6