次回予約を成約させるためのマインドとは?

目安時間:約 9分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
説明する整体・マッサージ師

 

 

前回の記事では

 

次回予約を促すことに対してのメリットやデメリットについてお話しました。

 

そして

 

次回予約についてのアナウンスが苦手な先生は

 

まずは「マインド」から変えなくてはならないということまでお伝えしました。

 

 

今回は「マインド」について理解を深めていただき

 

患者さんの金銭的な事情を心配する優しい思いがあるために

 

次回予約のアナウンスが出来ないという先生のために

 

そのマインドを変えるための「ヒント」をお話しています!

 

 

それでは!

 

今回もよろしくお願いします!

 

 

人の信念の正体は・・・?

 

次回予約のアナウンスが苦手な先生って

 

まずは「マインド」から変えていかなければいけない。

 

前回の記事で、そのようにお話をさせていただきました。

 

では、マインドって何なのでしょう?

 

ここでいうマインドとは

 

先生の「信念」という意味だと考えてもらっていいと思います。

 

マインドを変える

 

 

信念とは例えば

 

男はこうあるべきだ!」とか

 

夫婦とはかくあるべきだ!」とか

 

そんなようなことです。

 

 

まず最初にお話しなければいけないのは

 

人間の心に根付いた信念って

 

過去の経験や、両親や教師からの言葉によって埋め込まれたものだということ。

 

 

あくまでも今回のお話では

 

その信念が正しいとか間違っているということではなくて

 

信念って、どうやって心に根付くかって話ですよ?

 

 

その考えが正しかろうが間違っていようが

 

人間は幼少の頃から

 

自分にとって権力のある存在から埋め込まれた考え方を

 

大人になっても心に大切にしまってある。

 

これが信念の正体です。

 

 

カンのいい先生は、この辺りでお気づきかもしれませんが

 

このように見てみると

 

信念って、実は、単なる思い込みなんじゃないか・・・?

 

ってことです。

 

 

もし先生が、単なる思い込みで

 

何かに対して苦手意識を持っていたり

 

せっかくのチャンスを逃していたりしていたら

 

これはすごくもったいない事だと思いませんか?

 

 

スポンサーリンク



 

 

信念=〇〇

 

確かに

 

患者さんの予定やお財布の中身を心配する優しい先生の気持ちも理解できます。

 

しかし・・・

 

それが単なる思い込みだとしたら・・・?

 

 

自分の技術に自信が持てなくて

 

通ってもらっても症状が改善するのかわからない。

 

そんな心配に関しても、とても共感できます。

 

でも・・・

 

先生の勝手な思い違いだとしたら・・・?

 

すごく損をしていると思いませんか?

 

マインドを考え直す

 

 

だとしたら、今すぐにでも

 

信念という名の「思い込み」を解除して

 

新たなマインドに切り替えていった方がいいですよね!

 

 

大きなお世話です!

 

まずはひとつめの「患者さんの懐事情」に対して

 

先生の思い込みを変えていきましょう!

 

 

例えば・・・

 

新しいジャケットを購入するために、街へ出たとします。

 

先生の予算は30000円前後。

 

すごく気に入ったジャケットがあれば、もう少し奮発していいかなぁ・・・

 

そんなことを考えながら

 

ある洋服屋さんへ入りました。

 

先生がジャケットを見ていると、店員さんが声をかけてきました。

 

ジャケットを探していることを店員さんに伝えると

 

「これなんて、よくお似合いですよ!」

 

と言って、1着のジャケットを持ってきました。

 

そのジャケットの金額は9800円。

 

 

 

これって・・・

 

なんだか腹が立ちません?
俺は30000円くらいのジャケットを探しているんだ!

 

それなのに、9800円の安物が似合うだって!?

 

そんなに俺は貧乏に見えるのかっ!?

 

 

なんてね!

 

ジャケット

 

 

つまり・・・

 

商品やサービスを提供する側がお客さんの財布の中身の心配をするなんて

 

ヒジョーーーーーに失礼なことなんです!

 

大きなお世話だってことなんです!

 

 

先生が集中すべきこと

 

今回のお話、なんとなく伝わりますか?

 

患者さんの財布の中身を気にして、来院頻度を決めるなんて

 

こんなに失礼な話はないってことです。

 

 

これを逆のパターンでいったら

 

この人はお金持ってそうだから、来週も来てもらおう」とか

 

そんな考え方と同じって意味ですよ!

 

 

だから先生は

 

患者さんのお財布の中身まで気にしなくていいんです!

 

先生は患者さんの体調の事だけに集中して

 

先生の最善と考える来院ペースを提案すればいいだけなんです!

 

次回予約のアナウンスが苦手な先生は

 

まず、この部分だけに集中するように心がけてください。

 

 

次の記事では

 

技術的に自信がなくて、次回予約をアナウンスできない先生のためにお話をさせていただきます!

 

 

技術に自信がなく、次回予約を切り出せない先生は
こちらへ⇒次回予約はあくまでも「提案」

 

 

スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトの人気記事
データベース
<<ツボ一覧表>>
・手の太陰肺経
・手の陽明大腸経
・足の陽明胃経
・足の太陰脾経
・手の少陰心経
◆筋の起始停止・作用(作成中)
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ

    UA-74219411-6